X-MENとかそんなのどうでもいいからとにかく劇場へGO!映画『LOGAN ローガン』感想/ネタバレ

「X-MEN」シリーズを代表するキャラクターで、ヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリン/ローガンを主役に描く「ウルヴァリン」シリーズ第3作。

ヒュージャックマンが演じるのは最後になるという触れ込みで話題になっている作品ですね。

不死身の治癒能力が失われつつあるウルヴァリンことローガンが、絶滅の危機にあるミュータントの希望となる少女を守るため、命をかけた壮絶な最後の戦いに身を投じる様を描く、と。

ふむふむ。

実は僕X‐MENシリーズを劇場で見たことはなく、ウルヴァリンも2作目をDVDで流し見した程度なのでなんの思い入れもないのですが、本作は単なるアメコミ映画ではないともっぱらの評判なので今回初日に観てきました!

(映画の日ということもあり。)

結果としてこれがとても面白く、なおかつこの作品単体として十分勝負できる作品になっておりかなりの満足度でした!

シリーズ物は過去作を見るべきというこれまでの常識に新たな答えをくれる作品なのではと思います。

それでは以下あらすじなどをどうぞ!

あらすじ

ミュータントの大半が死滅した2029年。長年の激闘で疲弊し、生きる目的も失ったローガンは、アメリカとメキシコの国境付近で雇われリムジン運転手として働き、老衰したプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアを匿いながら、ひっそりと暮らしていた。そんなある日、ローガンの前にガブリエラと名乗る女性が現れ、ローラという謎めいた少女をノースダコタまで連れて行ってほしいと頼む。組織に追われているローラを図らずも保護することになったローガンは、チャールズを伴い3人で逃避行を繰り広げることになるのだが……。

スタッフ

監督
ジェームズ・マンゴールド
原案
ジェームズ・マンゴールド
脚本
スコット・フランク
ジェームズ・マンゴールド
マイケル・グリーン
撮影
ジョン・マシソン

キャスト

  • ヒュー・ジャックマン ローガン/ウルヴァリン
  • パトリック・スチュワート チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX
  • ボイド・ホルブルック ドナルド・ピアース
  • スティーブン・マーチャント キャリバン
  • ダフネ・キーン ローラ
  • リチャード・E・グラント ドクター・ライス
  • エリック・ラ・サール ウィル・マンソン
  • エリゼ・ニール キャスリン・マンソン
  • エリザベス・ロドリゲス ガブリエラ
  • クインシー・フォース ネイト・マンソン

作品データ

原題 Logan
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 138分
映倫区分 R15+

理解してなくても全然楽しめる!

まず僕自身「X-MEN…?」ってなっているくらいに世界観については無知で、というか別に観る前もあとも特に情報を知ろうともしないぐらいに興味がなかったりしているのですが、

それでもこの『LOGAN ローガン』は無類に面白かったと言わずにはいられません。

世界観とかそんなものは正直どうでもいいんです!

チャールズという役がなんとなく聞いたことのあるプロフェッサーXというキャラクターだったなんてファンにとっては常識過ぎてそれも知らずに観てるなんて…。と言った感じかもしれませんが、うるせえ!と。笑

監督は、シリーズ前作「ウルヴァリン:SAMURAI」も手がけているジェームズ・マンゴールド。

こちらもまた『17歳のカルテ』の監督という認識ぐらいしかなかったのですが何やら色々監督している方のようで。

勉強不足でごめんなさい。笑

でもまぁこの『LOGAN ローガン』を観た後に思うのはこの監督単純に力量がめちゃくちゃありますよね。ということ。

あれだけたくさんの作品が作られているX-MENという企画の中で、本作の中だけでも十分とも言えるストーリーを作りこんで、そのストーリーだけで感動できるし、さらにシリーズ通して見てきた人にはまた別のアプローチで感動できるように作られているんでしょうよ!

それって凄いことだと思うんですよね。

そして本作は単純に『レオン』や『アジョシ』のようなおじさんと少女の友情モノであったり、(本作は友情以上の関係だったりもしますが…)

ロードムービーであったり、『映画』としての要素がふんだんに盛り込まれているんです!

物語の鍵を握る少女ローラ役の新星ダフネ・キーンちゃん、今後確実に売れます!

ナタリーポートマンとか、エルファニングとか、クロエちゃん級に売れますので要チェック!

上映開始40分くらいにある最初のアクションシーンから素晴らしすぎてニヤニヤしてしまいましたし、今これを書きながらもニヤニヤしています。笑

彼女を今見るだけでもまず1800円の価値はあると思います。

予告編であたかも冒頭シーンかのように使われているシーンも興味をそそられる場面でとても良い予告であったなと。

作り手側や宣伝側が本当に良いと思って色々作りこんでいっている感じが伝わってきて、それはとてもよろしいことではないかと思った次第でございます。

R指定

本作はR15+の指定がついてしまってますがそこまでグロだったりするわけではないし、エロは皆無ですし、まぁただ頭部に剣的なものが突き刺さったり、生首をぞんざいに扱ったりする程度なのでねぇ。

そんなにひどい描写があるわけではないのにねえ、っていうかそうなったらダフネキーンちゃん日本だとこの映画見れないじゃんっていうね。

そんなに敏感にならずにこの映画に必要な描写であると寛大に解釈してほしいんですけどね。

まとめ

僕がこの記事で何が言いたいかというと、もしウルヴァリンシリーズやXーMENシリーズ観てないからなぁ…。という理由で尻込みしている人がいるのなら、

そんなの関係ねぇからさっさと劇場に行けや!

ということなのです。

その理由で見ないという選択をしてしまうにはあまりにも惜しい作品だと思うのです。

っていうかヒュージャックマンめちゃくちゃ良かったよ!

最後にふさわしい渾身の芝居でシンプルに感動させられてしまいました。

はぁ、ぜひ観て!

おすすめ度

☆8.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク