もう、なんだよそれー!テラスハウスAlohasatate第24話 感想/ネタバレ

あらすじ

ある夜、大志が次々と女子をデートに誘っていることについて、シェリーがその真意を問い詰める。仁希の帰国を前に、想いが募る魁が…。

前回のデート

前回の魁と仁希のデートに関してどうだったか直接仁希に尋ねる魁。

夜のキッチンで食事をしながらのシーンは今までにない角度からの光景でとても新鮮であるとともにいい感じの照明だなぁと思ったりしながら見ていましたが、

正直にそういうことを聞けて、聞かれた方も正直に本音で言える関係性とてもいいと思います。

残り1週間になった仁希に対して言う魁の「残っちゃえば?」という切実な想いはとても良かったと思います。

しかし、そんな簡単に残ることもできるわけもなく、期限がどんどん迫っていくというところがこの恋の切ないところです。

中嶋さんと杏奈

今回のトピックの1つとして中嶋さんと杏奈の関係性が何度か描かれていました。

牛丼を一緒に作ったり、ご飯を食べに行ったり。

あぁ、意外とこの2人は良い感じだし杏奈も中嶋さんに良い想いを抱いているのかなぁと思いきや、杏奈も仁希と同じタイミングで出ていくことを宣言してしまいました。

もうちょっとこの2人の行く故を見て見たかった気もするので少し残念な気もしますが、ということは来週以降に新たな2人の女子が入ってくるということでそれはそれで楽しみだったりします。

杏奈がそのタイミングで語った「ハワイでやりたかったこと」というのが何なのかが一切わかりませんが、まぁそれはいいでしょう。

お疲れ様したー!

ラボエの追求

誰でも彼でもデートに誘う大志に対して今回ラボエさんの鋭いメスが入ります。

でもしかしそんな場所でメス入れんでもという大志にとっては可哀想な状態でもありましたが。笑

女性陣3人に囲まれて大志タジタジといった様相でした。

日常で普通に女の子をデートに誘う場合だったらデート後に相手のことをどう思っているとか明言する必要はないと思うのですが、それがシェアハウス内の住人ともあれば逐一明言していかなきゃいけないんですかね?

まぁ誰彼構わずデートに誘う大志が悪いような気がするのですがあの場でそんなに詰められるのは見ていてとても大志が気の毒でした。

あの様子だとラボエさんはだいぶ気が強そうですね…。

なんか結局大志とは馬が合わない予感。

男子からすると1回ぐらいデートに行くぐらいなんてことないことだと思うのですがどうなんでしょうか?

それぐらいいいじゃんと思うのですが。

行ってみないとわからないことだってたくさんあるでしょうにねー。

そしてまさかのラスト!

さぁ、まぁなんやかんや言いましたが今回の最も衝撃的な出来事はここからです。

今回のタイトルが「A kiss in the Moment」ということで、「えっ!なに?誰と誰がキスすんのー!?」なんて思って思ってみていたのですが見ていくうちに中島さんと杏奈説は消え、大志&ラボエさん説も消え…。

ということはもうあの2人しかいないじゃないかよー!ということで今回のラストシーンが訪れるわけです。

最初のキッチンのシーンと同様に薄暗い部屋に現れた魁と仁希。

ノートパソコンで一緒に映画を見ようとしている2人。

2人でソファに寝そべりながら、イヤフォンと毛布を共有しながら一緒に画面を見つめています。

映画を見終わりソファの下にゴロンとする魁に共鳴するように仁希も下に降り再び同じ毛布にくるまる2人。

そして見つめあい…。

そこからはもうキャー!もうキャー!!という展開なのです!

あぁ、そっか魁良かったねーという感じです。

その瞬間の仁希もとても可愛かったのですが、いやそうなると女性の気持ちって本当にわかんないなと。

仁希のOKサインはどこにあったの!?と。もういきなりすぎてとても混乱しています。笑

このシーンのカメラワークも絶妙で的確に見える部分を切り取っていました。

このカメラの感じでいくとこれまで幾度となく魁と仁希はこんな感じで映画を見ていて、それを踏まえた上でのそろそろなのではという予測からのカメラ位置だったのでしょうね。

使われていないシーンでも常にカメラを回し続けるスタッフさんの努力に改めて脱帽した瞬間でした!グッジョブ!!!

(そしてこのシーンの副音声が酷くて最高。笑)

まぁでもキスをしたからと言って付き合うかどうかはまた別の話かもしれませんがね。

多分来週の配信はないのかな?

続きが気になりまくるぜ!

久しぶりにかなり良い回だったと思います。

くそー!いいなー!笑

僕もあんな風にイチャイチャしたいです。笑

それではまた次回!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク