露わになる欲望『パーソナルショッパー』感想/ネタバレ

『アクトレス 女たちの舞台』のオリビエ・アサイヤス監督が、同作に続いてクリステン・スチュワートと再びコンビを組み、第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で監督賞を受賞した心理ミステリー。

『アクトレス』が個人的にかなり好きな作品でなおかつその中のクリステンスチュワートがとても素晴らしいと思っていたため本作をとても楽しみにしていました。

内容としては若干のホラーテイストを帯びているものの鑑賞後感は前作同様とても深い余韻の残るものだったと思います。

それでは以下あらすじなどをどうぞ。

あらすじ

「忙しいセレブのために服やアクセサリーの買い物を代行する「パーソナル・ショッパー」としてパリで働くモウリーン。私生活では数カ月前に双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れない一方で、仕事で鍵を預かり他人の家に出入りし、時にはプライベートをものぞき見ることに、欲望をふくらませていた。そんな彼女の隠された欲望が不可解な出来事を引き寄せ、彼女に謎のメールが届き始め…

スタッフ

監督
オリビエ・アサイヤス
製作
シャルル・ジリベール
脚本
オリビエ・アサイヤス
撮影
ヨリック・ル・ソー
編集
マリオン・モニエ

キャスト

  • クリステン・スチュワート モウリーン
  • ラース・アイディンガー インゴ
  • シグリッド・ブアジズ ララ
  • アンデルシュ・ダニエルセン・リー アーウィン
  • タイ・オルウィン ギャリー

作品データ

原題 Personal Shopper
製作年 2016年
製作国 フランス
配給 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間 105分

監督の欲望

本作を見ていて僕が最も感じたことは、監督のオリヴィエアサイヤスがクリステンスチュワートを撮りたくて撮りたくて仕方ないんだなぁということでした。

物語の大部分をクリステンスチュワート1人のシーンで構成するなど見ているだけでそれが手に取るようにわかり、正直で大変よろしいと思ったりしたものです。

映画を撮るという行為において~が撮りたいから撮るみたいな欲望は必要なものだと思うので、そういったことに従順であれるのはとてもいいことだと思いました。

さらには本作品中にはクリステンスチュワートの裸や自慰シーンなんかも出てきますので、まぁそれはあまりにも欲望を映画に映し過ぎでは…?笑 と思わないでもないですが、そういうシーンが映画の価値を上げることはあると思うのでまぁ良しとしましょう。

主人公の欲望

僕は観る前この作品は主人公の欲望を前面に押し出したような作品なのではと思っていたのですが、そんなことはなく主人公が欲望を苛まれるシーンというのはそんなになく、それも他人に刺激されたうえでのものなのでそこは主題ではないのかなというのが個人的な印象です。

むしろ見えざる者の恐怖というか、そういった怯えみたいなものの方が主たる題材のように感じました。

本作でのクリステンスチュワートは凛々しい顔をしていながら意外と臆病でなにか多くのことに怯えながら生きている人のように僕には思えました。

でもそのくせ霊媒を仕事にしていたりするので、見えてしまう、感じてしまうからこその恐怖を体現していたと思います。

もっとミステリー的な展開になるのかと思いきやそんなことはなくむしろホラー寄りの映画と言えるためその辺は頭に入れておいた方がいいかもしれません。

見えざる者

今回の主題である見えざる者の演出の中で僕がこれは面白いなと思ったのが、謎のメールに対し、相手がわからないながらもやり取りを続けてしまうという部分でした。

しかも本作においてこのやり取りは結構な尺を取られています。

それでも十分に見れるシーンになっているし、むしろ普通の会話シーンよりも相手がわからないという緊張感からなのか集中して没頭できる謎の引力がありました。

様々な映画でスマホ画面での会話を見せるというシーンは目にしてきましたが、そのどれよりも引き付けられるシーンだったと思います。

なにか映画として新たな境地を見せられているようなそんな心地すらしてしまいました。

(褒め過ぎか?笑)

まとめ

はっきり言ってわかりやすい内容ではないですし、万人におすすめするかと言われるとおすすめしません。

しかし、『アクトレス』がとても好きだった。とか黒沢清作品が好きだとか、そういう人にはぜひ見ていただきたい作品だと言えます。

(ちなみにアサイヤスと黒沢清は同い年なんだとか。)

そしてなによりクリステンスチュワートがやはり素晴らしいですね。

彼女を見るだけで十分に見る価値はあると思います。

なんか普通に尊敬しちゃうくらいにかっこいい佇まいなんですもの。笑

『カフェソサエティ』と併せて見てみるのも面白いかもしれません。

興味のある方はぜひご鑑賞ください!

おすすめ度

☆8/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク