トラウマの分かれ道『スプリット』感想/ネタバレ

「シックス・センス」「ヴィジット」のM・ナイト・シャマランが、ジェームズ・マカヴォイを主演に迎えてメガホンを取ったサイコスリラー。

前作『ヴィッジット』がとても面白く本作も非常に評判が高いため、

これはシャマラン大復活の兆し!ということで初日に観に行ってきました。

昨今流行の密室系サスペンスではありますが、その中で大車輪の活躍を見せるジェームスマカヴォイがとても魅力的でありました!

あらすじ

見知らぬ男に拉致され、密室に閉じ込められた女子高校生3人組は、監禁場所で神経質な雰囲気を漂わせた男を目にする。男が部屋から立ち去り、必死に脱出方法を思案している最中、ドアの外から男と女が会話する声を耳にした3人は助けを求めて声を上げるが、そこに現れたのは、女性の服に身を包み、女性のような口調で話す先ほどの男だった。男には23もの人格があり、9歳の少年やエレガントな女性など、ひとりの体の中で人格が激しく入れ替わっていく。そして、そんな男に24番目の人格が現れ……。

スタッフ

監督
M・ナイト・シャマラン
製作
M・ナイト・シャマラン
ジェイソン・ブラム
脚本
M・ナイト・シャマラン

キャスト

  • ジェームズ・マカヴォイ ケビン
  • アニヤ・テイラー=ジョイ ケイシー
  • ベティ・バックリー フレッチャー
  • ジェシカ・スーラ マルシア
  • ヘイリー・ルー・リチャードソン クレア

作品データ

原題 Split
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 117分

説明の少ない冒頭シーン

本作は予告でも見られる通り、少女3人が食事会の帰りに誘拐されるところから始まります。

それまでに描かれるのはケイシーという少女はどうやらクラスで馴染めていないということぐらいで、

それもそんなに過剰に描くのではなく子どもが集まっていたらどこにでも見られる光景としてのバランスで描かれています。

そこから仲のいい2人となんだか気まずい1人の3人組が誘拐される展開になっていきます。

まずこの作品において特異なのは、普通の作品であればここから3人が力を合わせて脱出しようと試みるであろうところを本作ではそこまで描かず、

早々に3人バラバラの部屋に閉じ込めて協力できないように封じ込めていきます。

その中で1人浮かび上がってくるのは本作の主人公とも言えるケイシーなのです。

多重人格サスペンスとして楽しめる一方で彼女の成長譚になっている点がとても重要なポイントだと思います。

誰が見ても美人!っていうような顔立ちではないんですが、

なんだか人を引き付ける魅力を持った女優さんでした。

アニヤ・テイラー=ジョイさん覚えておこう。

トラウマの描き方

本作の重要なポイントの一つとして描かれるものに「トラウマ」があります。

ケビンには過去に重大なトラウマがあり、ケイシーにもまたトラウマがあることが明らかになっていく。

しかも、それを全部明かすような無粋なことはなく、2人の記憶の中のパーツとして部分的確に見せていくことで想像の余地を与えてくれている点もとても良いと思いました。

過去のトラウマが人格形成に大きく関わってくる中でそこから乖離していってしまうのか否か。

それがこの『SPLIT』の分かれ道として提示されていたように感じました。

映画は可愛さで出来ている

映画を魅力的なものにするために最も欠かせないもの。

それは「可愛さ」だと個人的には思っています。

例えば女の子の可愛さであったりおじさんキャラの人間的な可愛さだったり、

それは映画においてさまざまなのですが、

サスペンスである本作にもちゃんと可愛さが宿っていました。

それはマカヴォイ演じるケビンの中の人格の1つヘドウィグ君9歳です。

ほら、可愛いでしょ!笑

ケビンには23の人格があるとされていますが実際に出てくるのは6人ぐらいで、

その中でもヘドウィグは大人に子どもの心が宿っている時点で可愛いし、(笑)

脱出への糸口になりえるのではと思わせる幼いながらの隙みたいなものがとても愛おしいです。

これを演じるジェームズマカヴォイを見るだけでも観に行く価値は十分あるのではないかと思います。

またそのヘドウィグ君9歳と対峙する時のケイシーの態度もまた一味違って魅力的だったりするので、さまざまな転換点になりえているように感じられました。

まとめ

純粋に密室サスペンスものとして楽しめる作品になっていると思いますし、

ステディカムを多用した手振れのない浮遊感のある映像の数々は逃げ惑うシーンの緊張感に一役買っていたり、

また音楽の演出も十分に計算されて作られているように感じました。

ただ1点告知などでネタバレは絶対にしないでね!みたいな宣伝方法をとっている本作ですが、

そんなにびっくり仰天するような大ドンデン返しが施されている作品ではないので、

その点に期待し過ぎないように注意した方がいいのではと思います。

なぜシャマラン作品は毎度そんなに大ドンデン返し推しをするのかは積年の謎です。笑

予告の最後にこんなことを言わされるシャマランが不憫で仕方ない…。

まぁでもシャマラニストもそうでない人もぜひ劇場でご覧ください!

シャマラン大復活かどうかは自分の目で確かめて!

おすすめ度

☆8/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク