切ない想いを描いた映画『カフェ・ソサエティ』感想/ネタバレ

あらすじ

映画業界で働くことを夢見るニューヨーク生まれの青年ボビーは、業界の有力者である叔父フィルを頼ってハリウッドにやってくる。フィルの秘書を務める美女ヴォニーに心を奪われたボビーは、映画スターやセレブリティを相手に、フィルの下で働きながらヴォニーと親密になっていくが、彼女には思いがけない恋人の存在があった…。

スタッフ

監督
ウッディ・アレン
脚本
ウッディ・アレン
撮影
ビットリオ・ストラーロ
ナレーション
ウッディ・アレン

キャスト

  • ジェシー・アイゼンバーグ ボビー
  • クリステン・スチュワート ヴォニー
  • ブレイク・ライブリー ヴェロニカ
  • スティーブ・カレル フィル
  • コリー・ストール ベン

作品データ

原題 Cafe Society
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ロングライド
上映時間 96分

ウッディアレン最新作!

ウッディ・アレン監督が1930年代ハリウッド黄金時代を背景に、きらびやかな社交界(カフェ・ソサエティ)に身を置くことになった青年の恋や人生を描いたロマンティックコメディです。

『ローマでアモーレ』でもアレン監督と組んだジェシー・アイゼンバーグが主演を務め、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、テレビドラマ「ゴシップガール」のブレイク・ライブリー、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のスティーブ・カレルらが共演。アレン監督が自らナレーションを務めているとのことです。

最近のウッディアレン作品は『ミッドナイトインパリ』で激しく寝落ちして以降予告を見てそんなにそそられなければ観に行かないという方針に転換したため今回もあまり見る気はなかったし、

クリステンスチュアートも『パーソナルショッパー』(超楽しみ!)の公開が控えているためこちらはスルーでいいかなぁなんて思っているとスティーブカレルが出ているということを知り、時間もちょうど空いたのでじゃあ見て見るかという軽い気持ちで観に行ってみました。

結果、これが結構面白かったのでございます!

男の切ない想いを描いた映画

予告編の印象などからは少し前のハリウッドを描いたきらびやかな作品のように思われる方も多くいるかと思いますが、

(昨年は『ヘイルシーザー』という映画がありましたね…。)

僕はそんなことはあまり感じず、とても普遍的な映画だと思いました。

この映画がどんな映画かを一言でいうと、

「男の切ない想いを描いた映画」と言えると思います。

そう『ララランド』や『秒速5センチメートル』のような。

この2作品が好きな人はきっと好きなのではないだろうかと思います。

ジェシーアイゼンバーグは『ソーシャルネットワーク』以降とてつもなく伸び悩んでいる感を感じざるを得ない低迷期にいたと個人的に思っているのですが、

本作ではそんな男の気持ちをしっかり体現する素晴らしい演技だったと思います。

ウッディアレン作品らしさ

かと言って切なさを前面に押し出した作品ではなく、ウッディアレン作品らしいシニカルな味を織り交ぜているのも本作の特徴です。

不意にこんなセリフが飛び出したりします。笑

そして、主人公ボビーの恋敵となるのあの人物というどこかおかしみのあるゆがんだ構図にもまたらしさが溢れるのです。

そしてなによりヒロインが可愛いんですよね。

『アクトレス』で一皮も二皮も剥けた感のあるクリステンスチュアートがここでもまたその本領を発揮して見せてくれます。

ますます楽しみだぜ!『パーソナルショッパー』!!!(2回目。笑)

スティーブカレルも適役なんだよなぁ。

ウッディアレン作品初出演とは思えないぐらいのハマりぶりでした。

キャスト的にはそんなに豪華というわけではないかもしれませんが、それぞれのキャストの個性をはっきり打ち出して物語が構成されていて、

とても見やすく面白い作品だと思いました。

(ブレイクライブリーはそんなに出てこないのでご注意を。)

まとめ

今までウッディアレン作品に触れてこなかった人にも非常に見やすい作品になっていると思いますし、

入門編としても最適な作品なのではないかと感じました。

ここから『ブルージャスミン』や『マッチポイント』や『アニーホール』などにズブズブズブズブハマっていってもらえればとてもいいんじゃないかと思います。

かと言ってそれはこの作品が劣っているなどということではなく、

個人的にはとても的確なバランスが取れている良作なのではないかと思っています。

作品を量産している最近のウッディアレン監督ですがすべてがこれぐらいのクオリティであるならばとてつもなく嬉しいことだなぁと思います。

ぜひ維持して作り続けていただければと思います!

おすすめ度

☆8.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク