それでいいのかダルデンヌ!『午後8時の訪問者』感想/ネタバレ

あらすじ

ある日の夜、診療受付時間を過ぎた診療所のドアベルが鳴るが、若き女医のジェニーはそのベルに応じなかった。しかし翌日、身元不明の少女の遺体が診療所近くで見つかり、その少女が助けを求める姿が診療所の監視カメラに収められていた。少女はなぜ診療所のドアホンを押し、助けを求めていたのか。少女の死は事故なのか、事件なのか。そして、ジェニーはなぜドアホンに応じなかったのか。さまざまな疑問が渦巻く中、ジェニーは医師である自身の良心や正義について葛藤する。

スタッフ

監督
ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
製作
ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
ドゥニ・フロイド
製作総指揮
デルフィーヌ・トムソン
脚本
ジャン=ピエール・ダルデンヌ
リュック・ダルデンヌ
撮影
アラン・マルクーン

キャスト

  • アデル・エネル
  • オリビエ・ボノー
  • ジェレミー・レニエ
  • オリビエ・グルメ
  • ファブリツィオ・ロンジョーネ

作品データ

原題 La fille inconnue
製作年 2016年
製作国 ベルギー・フランス合作
配給 ビターズ・エンド
上映時間 106分

大傑作『サンドラの週末』以後のダルデンヌ

「ロゼッタ」「ある子供」でパルムドールを受賞し、カンヌ国際映画祭の常連として知られるベルギーのジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督作品。

前作『サンドラの週末』がこれほどまでにシンプルでも映画は成立すると豪語でもするような、

とてつもなく洗礼された1作だっただけに、その次の作品である『午後8時の訪問者』にも大いなる期待を寄せていました。

しかし、本作は『サンドラの週末』作り方をとことん踏襲していながら、

『サンドラの週末』には遠く及ばない作品であったと言わざるを得ません。

(ダルデンヌ作品である以上一定の水準は満たしておりますのでファンは迷わず劇場に駆けつけることをおすすめ致します!)

マリオンコティヤールの偉大さ

本作によって如実に浮かび上がるのは『サンドラの週末』がなぜ成立していたかという点でした。

あの作品が成立していた理由はマリオンコティヤールが主演だったから。

この1点に尽きると思います。

コティヤールとダルデンヌ兄弟の演出が世界トップレベルのぶつかり合いを繰り広げた結果によって出来上がった産物なんだと。

その点本作の主演アデルエデルさんの芝居はその水準には全く達していないし、

感情の機微を描くことはなく、ただひたすら謎を追い求めることに終始してしまっている。

ただのミステリー映画だったらそれでいいのかもしれませんが、

これはダルデンヌ作品なのです。

僕はこの程度では満足できませんでした。

ただ1点満足できたというか安心できたのは、

ダルデンヌ作品には必ず出演しているオリヴィエグルメの出演しているシーンのみでした。

彼が画面に現れるだけで、画面が満たされてその世界が現実のものに思えてくる。

長年一緒に作品作りをしてきたからこそたどり着ける領域なのだろうとは思いますが、

本当に素晴らしく、それだけに彼が出演していない部分が作り物に思える度合が大きかったと僕は感じました。

逆に『サンドラの週末』ではコティヤールが確実に世界観を作り上げていて、

オリヴィエグルメの出演時間はさらに短いもので済みました。

それでも成立するぐらいの強度を彼女は放っていたことに改めて気づかせる作品になってしまったことをとても残念に思います。

まとめ

ここまで散々酷評めいたことを書き連ねましたが、

ダルデンヌ作品としてある一定の水準は満たしている作品だとは思います。

『サンドラの週末』以後の作品としては少々物足りないというだけで。

もう次作はいっそのこと原点回帰して、オリヴィエグルメを主演に撮るなんてのも面白いのではないでしょうか?

なんにせよ、これからも良質な作品を撮り続けてくれればそれだけでうれしいのです。

これからもがんばれダルデンヌ!

写真は日本でおそばを食べるダルデンヌ兄弟です。笑


おすすめ度

☆7.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク