漫才とはなんなのか?『火花』第7話 感想/ネタバレ

あらすじ

2007年冬。スパークスはラジオ番組でネタを披露できるほど成功していたが、あほんだらは底辺のまま。徳永は、神谷を気遣い距離を置くようになる。

行き過ぎた敬い

前回の最後にラジオでのネタ披露が決まり、

少しずつ着実にステップアップしているスパークスかに思えたが現実はそんなに甘くはなかった。

売れない芸人は時間の関係によって尺が縮められたり、

扱いが雑になってしまうことはよくあることなのでしょう。

厳しい現実である。

しかし、僕がそれ以前にもっといけないだろと思ったことは、

ラジオの本番前にも関わらず徳永が神谷と飲み歩いていたことでした。

いくら別れてしまったショックで神谷が心配だからと言っても、

そこまで相手しなくてもいいのではないかと。

仕事にも勝る関係だとはどうしても思えないし、

そういう行いをしているのであれば、

ネタ時間が短縮されても仕方ないと思います。

関係のない相方が不憫で仕方ありません。

こういう行動一つ一つがのちに訪れるある決断の引き金となっているのでしょう。

芸人発掘ネタバトル!

今回の最も大きなトピックは芸人発掘ネタバトルという催しでした。

どうやら若手の登竜門的大会らしく、

今までのネタ披露の場の中でもひと際お客さんが入っているのが印象的でした。

漫才の面白さを競う大会らしいですが、

雰囲気的にはM-1グランプリではなく、

爆笑オンエアバトルのチャンピオン大会を思わせるものでとてもわくわくさせられました。

(オンエアバトル懐かしい!)

ただ、ここで語られるネタの良し悪しがどうも今までの作品クオリティからすると引っかかる部分のように思えて仕方ないのです。

会場のお客さんのウケの描き方のレベルがやけに低い。

それがマスにウケるということだというのはわかります。

でも妖精のくだりや音声とズレたネタをするあほんだらの漫才は確実にスベっていました。

あれで爆笑は起こらないだろうと思うのです。

エンタの神様のお客さんでももう少しシビヤなのではないかと感じました。

まぁ1本目の「死んだ!」のネタは純粋に面白かったので余計にそう感じてしまいました。

要するにちょっとマス受けするネタというのをバカにしている感覚が出すぎてしまっていた気がして少し残念に思いました。

あとこの「火花」全体に言えることですが、

ブーフブーブーを筆頭にスパークスより売れていく芸人たちがことごとく面白そうじゃない顔面をしていること。笑

主人公たちを立たせるための配慮なのかもしれませんが、

ちょっと地味すぎると僕は思っています。

それとこれはネタに関することではないですが音楽の使い方が過剰だったり、

スローモーションが多めだったりちょっと感傷的な演出が多くなっていたのも今回の印象としてあります。

今までがその辺のバランスを上手くとって成立していただけに…

今回の演出は久万真路さんという方で廣木組の助監督やテレビドラマの演出を主にされている方ということで、

うーん、なるほどとなんだか納得してしまいました…。

まぁうん、でも今回も面白かったけどね!

(どないやねん!笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク