Netflix『13の理由』カセット2:A面 感想/ネタバレ

第3話あらすじ

はびこる嫉妬と陰口の結果、ハンナの交友関係にヒビが入る。

アレックスが後悔の念で苦しむ一方、男子生徒たちはクレイに一気飲みを強要し…。

バタフライ効果

例えばブラジルで蝶々の羽ばたいたことによってテキサスで竜巻が起こる。

1つのことが原因で遠くの大きな何かが変わる。

そんな「バタフライ効果」と呼ばれるものの話から今回のテープは始まります。

そういえば『バタフライエフェクト』というタイトルの映画がありましたね。

(結構切なくて面白かった記憶。続編もあるようですがそちらは未見。)

蝶の羽ばたきのように、テープで語られることが誰かに影響を及ぼし大きく何かが変わればいいと、

ハンナは願っているんでしょう。

しかしまだ今の状況では、テープを聞いている絶対数はとても少なく、

分かっているだけでもクレイを含めて5人程度しかいません。

なにか状況が変わってきたかというと特に変わらず、

特に男子生徒たちは全く変わらず悪行を繰り返しています。

ハンナの死などまるでなかったかのように

話の展開

今回は特に大きな話の展開はなく謎も謎のままでしたが、

これってもしかしてそれぞれのカセットテープのB面で物語が大きく動くように設計されてるんですかね?

まだ回をそんなに重ねていないので何とも言えませんが、

次の2:B面で何かが大きく動くような予感を漂わせていました。

今回個人的に良かったシーンは映画館の屋上でクレイとハンナが天体観測をするシーンでしょうか。

写真が流出してしまったことにより、周りの雰囲気が一変してしまったハンナにも変わらず接するクレイはとても優しい男の子だなと。

まぁ今後の展開でそれが大きく覆される可能性も多分に含まれているのですが、

そうなることを見据えたうえでも良いシーンだったなと思うわけです。

ビール一気飲みからの…

最後に無理やりビールを一気飲みさせられて、

その後自宅に帰って盛大に嘔吐するクレイ。

本作は映画ではないですが、

最近洋画邦画問わず登場人物が嘔吐するシーンが結構よく出てくる気がします。

とある映画評論家は嘔吐するシーンが出てくる映画は良い映画が多いと言っているくらいですからね。笑

個人的には汚いのであまり見たくはなし、

最近の映像は高画質具合があだとなるのでやめてほしいのですが、(笑)

確かに嘔吐するぐらいの精神状態であることによって普段とは違うことが起こり、

物語が進展していくという側面はあるような気がするので、

先ほどの評論家の意見もあながち間違いではないのかもと思ったりしました。

今回のカセット2:Bもそんな精神状態のクレイがなにかをしでかしそうなところで終わっています。

なにか大きな展開がありそうな予感!

とても楽しみです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク