テレ東ドラマスペシャル『パンセ』後編 感想/ネタバレ

あらすじ

どんちゃん(あ~ちゃん)おかみど(かしゆか)のりぶう(のっち)の幼なじみ三人と”ひきこもりのオッサン”力丸(勝村政信)の共同生活が始まった。徐々に距離を縮める中、島でレモン作りを始めたという力丸の両親からレモンと御守りが届く。だが御守りをゴミ箱に捨て部屋に籠ってしまう力丸。家政婦の南野その(片桐はいり)曰く力丸は父親が巻き込まれたある出来事により人間とお金が信じられなくなってしまったという。

正直連日の前後編で良かったかなと思いました。
こんなものを毎週毎週見てられないですよ!

内容があまりにもなさ過ぎる。

どういう心地で見てればいいのか正直戸惑いました。

Perfumeファンはこれを見て満足できるのかしら?

おそらく満足できてないんじゃないかなー。

今後perfumeの面々が女優業に進出していくことはあるのでしょうか?

本作を見た僕の率直な考えを言うと女優業で通用しそうなほどの個性を放てているメンバーはいなかったです。
テレビドラマとして見るのではなく、アーティストとして今までがむしゃらに頑張ってきた3人へのご褒美だと思いながら見れば楽しめると思います。
もしくはどちらかというと勝村さん演じる力丸側の話として見た方がいいような気もします。

あと、吉田拓郎の主題歌がとてもいいですね!

それだけでグッと来てしまうなにがありました。

そういえばPerfumeが出てるのに彼女らの楽曲は一切使われなかったですね。笑

それはそれで潔くて良かったような気がします。

また3人揃ってドラマに出るということはおそらくないと思うのでそれはそれで特別なドラマだったのかもしれません。

そう考えると悪くなかったような気がしてくるから不思議です。
興味のある方はぜひ見てみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク