いまだかつてない映画体験を! 映画『バンコクナイツ』感想/ネタバレ

あらすじ

バンコクにある日本人専門の歓楽街タニヤ通り。タイの東北地方イサーンから出稼ぎに来て5年になるラックは、現在は人気店「人魚」のトップにのぼりつめ、ヒモの日本人男性ピンを連れ回し贅沢な生活を送る一方で、故郷の家族に仕送りをしていた。ある晩、ラックはかつての恋人である元自衛隊員オザワと5年ぶりに再会する。ラックとオザワはそれぞれの思いを胸に秘めながらバンコクを離れ、ラオスとの国境にあるラックの故郷へ向かうが……。

スタッフ

監督
富田克也
脚本
相澤虎之助
富田克也

キャスト

  • スベンジャ・ポンコン ラック
  • 富田克也 オザワ
  • 伊藤仁 ビン
  • 長瀬伸輔 しんちゃん
  • アピチャ・サランチョル ウィット
  • 川瀬陽太 金城

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本・フランス・タイ・ラオス合作
配給 空族
上映時間 182分

独特な製作体制

この『バンコクナイツ』という映画は「空族」と書いて「くぞく」と読む日本の映像ユニットが作り出した作品で、

第69回ロカルノ国際映画祭で、10代の若者が選ぶ「若手審査員・最優秀作品賞」を受賞している作品です。

僕は「空族」の作品は前作の『サウダージ』しか見ていませんでしたが、その作品だけでも空族という集団が既存の体制にとらわれない撮り方をしている方だということは明らかでした。

空族の前作『サウダージ』は日本の甲府を舞台に、崩壊寸前の土木建築業の現場で、日系ブラジル人やタイ人をはじめとする移民労働者たちが、過酷な労働条件の下で懸命に生き抜く姿を描いた人間ドラマなのですが、

出てくる人々のほとんどが役者ではなく「ホンモノ」の方々なのでリアリティがあり、というかリアルすぎていまだにあの映画が劇映画だったという実感が僕の中に存在していないという稀有な作品なのです。

そして本作『バンコクナイツ』も同様に実際に現地に住む方々をキャスティングしていて、さらには主演とも言える役であるオザワ役を演じているのは富田監督ご本人だと言います。

日本国外の製作でもこれだけ自由にやれるなんて、もう空族には世界各国で色んな映画を作っていただきたいと思った次第でございます。笑

作品のクオリティ

正直本作における作品クオリティはそこまで高くないなというのが上映開始間もなくの僕の考えでした。

映像は結構ブレブレだし、音もアフレコ感満載だし。

ただこの高速道路?的なところを疾走している感じはとても好きでした。

このオザワの何とも言えない表情!笑

先ほどの画像とこちらの画像で分かる通り、富田監督は乗り物好きっぽいですね。

乗り物に乗っているシーンはどれも印象的でした。

でも拙さが感じられたのは最初の都市部を描いたシーンのことで、

それ以降の舞台が田舎に映ってからはなんだかとても好きと言うか、

もはやこれはホウシャオシェンに匹敵するのではないかと思える程の画でした。

(褒め過ぎか…。笑)

この感じとかなんだかとても良くないですか。

もはや巨匠感すら感じさせる素晴らしく居心地のいい画でした。

おそらく都市部ではそんなに時間をかけて撮ることができない慌ただしさの中で撮らざるを得ず、田舎ではのんびり撮ることができたということだと思うのですが、

にしても結構な落差がありますよね!笑

というぐらいいいシーンとそうでないシーンの落差があります。

あまり映画を見慣れていない人は結構戸惑うこともあるかもしれません。

プロの役者も川瀬陽太さんぐらいしか出演されてませんし。

でもだからこそ今まで観たこともないような映画体験を与えてくれる作品なのではと思います。

まとめ

不意にこういう作品に出会ってしまうということがあるからこそ映画と言うのは面白いんだと思います。

エンドロールで流れるメイキングが本当に微笑ましくて、出演している方々の中にも映画を作ることで救われている人がきっといるだろうなと思わせられる幸せな時間でした。

空族には変わらずにずっとこのままで作品を作り続けてほしいと思いました。

空族ってなに?という方々もぜひ『バンコクナイツ』を見て「射殺」されてみてみてください。笑

おすすめ度

☆8/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク