天使か、悪魔か、國村隼か…。映画『哭声』 感想/ネタバレ

あらすじ

平和なある村にやってきた、得体の知れないよそ者の男。男が何の目的でこの村に来たのかは誰も知らない。村じゅうに男に関する噂が広がる中、村人が自身の家族を虐殺する事件が多発する。この事件を担当する村の警官ジョングは、自分の娘に殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。娘を救うためにジョングがよそ者を追い詰めるが、ジョングの行動により村は混乱の渦が巻き起こってしまう…。

スタッフ

監督
ナ・ホンジン
脚本
ナ・ホンジン
撮影
ホン・ギョンピョ

キャスト

  • クァク・ドウォン ジョング
  • ファン・ジョンミン イルグァン
  • 國村隼 山の中の男
  • チョン・ウヒ ムミョン

作品データ

原題 The Wailing
製作年 2016年
製作国 韓国
配給 クロックワークス
上映時間 156分

『チェイサー』『哀しき獣』のナホンジン監督の最新作にして、主要キャストとして日本から國村隼が参加していてなおかつ、韓国最大の映画賞ともいわれる青龍映画賞で外国人俳優として初受賞となる男優助演賞と人気スター賞のダブル受賞を果たしているということでこれは大いに注目せざるを得ない映画であることは間違いなく、勇んで鑑賞に臨みました。

映画としてとても面白く、抜群であることは間違いないのですが、

思ってたのとは違ったな...」

というのが僕の鑑賞後の率直な感想でした。

ナホンジン監督

ナホンジン監督と聞いてまず強烈に思い起こされるのが『チェイサー』での無慈悲なまでの残酷描写。

もはや韓国映画にはなくてはならないとまで言える陰惨なバイオレンス描写をとことん突き詰めたような映画で、

これは僕もかなり酷くてお気に入りな映画でありました。

また『哀しき獣』でのどこに進んでいくのか分からない展開力。

チャプター分けされた物語の中で次々と違う展開に連れて行ってくれる展開力が新鮮でした。

そしてその中にも随所に散りばめられた笑いの要素。

牛骨を使った逆襲シーンはハラハラさせられながら爆笑したのを覚えています。

(本作でも牛骨が不意に登場いたしますので牛骨ファンはお見逃しなく。笑)

そして本作『哭声』にも同様な要素が大いに盛り込まれていました。

特に笑いの要素は今までの作品の中でも多めで、中盤まではかなり笑える仕上がりでしたし、

必要以上に笑ってるだろと思わずにはいられないくらい笑っているお客さんも何人か見受けられました。

そうそう、僕が観に行った回はメンズデーだったのですがだからか、400人くらい入るであろうスクリーンの8割ほどが埋まっている盛況ぶりでした。

その笑いの要素があるからこそその後の展開が生きるし、主人公が置かれていく状況がより浮き彫りになっていく。

これはとても興味深い展開を見せる作品であったことは、間違いないのです。

この主演のクァク・ドウォンさんの顔が素晴らしく面白いのですが、

その顔がどんどん変わっていく様はとても見ごたえのあるものでした。

オカルト要素

ただ、僕がどうも気になって仕方なかったのはこの作品が「悪霊」を巡るオカルト作品のような物語に終始してしまったことでした。

それを見せられてもなんだかなぁと。

「悪霊」は本来実態がないもののためフィクション性が高くなってしまうのがどうも惜しいなぁと。

韓国の観客にとっては國村隼は現実味のないキャスティングかもしれませんが、

日本の観客からすると見慣れたおじさんなのでその点において日韓の間で作品の祖語がありそうな気がしてしまいました。

それでもやはり國村隼の芝居は素晴らしくとても誇らしい気持ちにさせてくれましたし、

予告編でも聞くことができる、やりすぎなほどの笑い声はとても気味が悪くて良かったです。

いやー、この顔面だけで怖いですわ。笑

お楽しみポイント

とまぁマイナスポイントを挙げましたがそれでもなおこの作品が面白い作品であることは確かで、

本当に救いのない終盤の展開は酷すぎて最高かよ!

と思わずにはいられないものでした。

そんな作品における個人的なお楽しみポイントをいくつか挙げて今回は終わりたいと思います。

ちょっとわかりずらい画像ですが本作は犬映画としてもお楽しみいただけます!笑

と言ってもほのぼのするようなものでは一切なく、

『ドントブリーズ』と同様の楽しみ方と言えば映画好きの人にはわかっていただけるでしょうか。

もうね、「犬怖い…。いやだ!」

ってなります。笑

今回の作中で事件現場を写真に撮って収集している人というのが出てくるのですが、

その写真の質が無駄に高い!笑

「なんか知らんけど無駄に良い写真だな!」

と突っ込まずにはいられないほどにいい写真の数々なので余裕のある人はぜひ隅々まで見てみてください。

まとめ

ナホンジン監督作の中でも圧倒的に救いのない映画で、

いや、最近見たなかでも指折りの救いのなさかもしれません。

だってこんなに屈託のない笑顔がゆがむどころではなく、あんな風に変貌してしまうんですからね。

っていうかこの子熱演すぎてビビりました。

凄いっす。

そしてなにより凄いのがこんなに救いがなく癖が強い映画が当たり前のように受賞する韓国映画界!

ほんとうに素晴らしいと思います。

日本も負けじと頑張ろう!

おすすめ度

☆8.5/10

(なんか書いているうちにどんどんこの映画のこと好きになってきちゃったので点数高め。笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク