現代社会へのアンチテーゼ 映画『サバイバルファミリー』感想/ネタバレ

あらすじ

「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が、原因不明の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。東京で暮らすごく平凡な一家、鈴木家。当たり前のように電化製品に囲まれた生活を送っていたある日、電気を必要とするあらゆるものがなぜか使えなくなり、東京は大混乱に陥ってしまう。交通機関や電話、ガス、水道まで完全にストップした生活に人々が困り果てる中、鈴木家の亭主関白な父・義之は、家族を連れて東京を脱出することを決意するが……。

スタッフ

監督
  矢口史靖

脚本

  矢口史靖

製作

  石原隆

  市川南

  永井聖士

エグゼクティブプロデューサー

  桝井省志

キャスト

  • 小日向文世
  • 深津絵里
  • 泉澤祐希
  • 葵わかな
  • 柄本明
  • 大地康雄

作品データ

製作年 2017年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 117分

前作『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』が東京から遠く離れた場所での林業を描いた大傑作映画だった矢口史靖監督の最新作。

前作で携帯の通じない村での生活を余儀なくされる描写がありましたが、そのシーンを凝縮して広げていったような題材を巧みに組み上げた傑作だと思いました。

矢口監督特有のコメディテイストも多々あるものの題材が結構深刻なものなので宣伝で受けるような感じはなく笑いが生まれづらい劇場状態ではあったのですが、そのシリアスと笑いのバランスのおかげでどちらかに偏りすぎることなく絶妙なバランスだったと個人的には思います。

サバイバル感を存分に感じさせる撮影

今回最も驚いたことが撮影でした。

日本の映画は撮影許可が下りづらく、撮りたい場所では撮れず代替え地での撮影になってしまうことがよくあるので、その結果当初の目標とはかけはなれてしまってしまうことがあるのです。

踊る大捜査線ではレインボーブリッジに似た橋で撮影したり、

昨年のヒット作『アイアイムアヒーロー』では終末感を表現するためには日本では撮れないということで韓国遠征をして撮影したと言われています。

その結果『アイアムアヒーロー』はこれまでの邦画になかったような実際にそういう状況が起こってしまっている絶望感を産みだすことに成功していると感じました。

しかし、本作はおそらく日本でのみの撮影であるにも関わらずその終末感を演出することに成功しています。

また、電気が使えなくなるという「明日突然起きてもおかしくないこと」の怖さを強調しすぎることなく日常生活に則した感覚で伝わってきました。

高速道路を自転車で走ったり、そこに同じ状況に置かれているエキストラの使い方など現実感がありとても良かったです。

手持ちカメラを多用した撮影も、本作においてはテーマに合っている手法だったと思えてとても好印象でした。

電気のない世界で生きる

もし明日から電気のない世界で生きなければならないとしたらどうしますか?

現代社会では絶対になくてはならないものであることは明らかなのですが、今まで気に留めたこともありませんでした。

電気がなければこのブログも書けていないですからね。笑

若者がスマホやパソコンなどに依存し過ぎていると言われる昨今ですが、電気に依存しているのはなにも若者に限った話ではなくて世界中の誰しもが依存してしまっているものなんだなぁということに気づかされました。

その中で生き抜くために親子ともども成長していく姿はとても胸を打ちました。

後生大事に使えない電子機器を持ちながら移動していた長男がスマホを捨てるシーンと同様に父親があるものを捨てるシーンは笑えるシーンでありながら胸がジーンとなる成長を描いた名シーンだったと思います。

もしこの話が洋画だったらもっと殺伐とした話になっていくと思います。

日本だからこそできた良質なサバイバルムービーとして楽しめる1本です。

正直日本でここまで大規模な作風が成立するとは思っていなかったので嬉しい誤算であるとともに確実に日本の製作レベルが向上してきていることを昨年から継続して感じられる作品だと思いました。

気になっている方はぜひ劇場の大画面でご覧ください!

おすすめ度

☆8.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク