感じられる幅の狭さ 映画『たかが世界の終わり』感想/ネタバレ

あらすじ

「Mommy マミー」「わたしはロランス」などで高い評価を受けるカナダの若手監督グザヴィエ・ドランが、マリオン・コティヤール、レア・セドゥー、ギャスパー・ウリエルらフランス映画界を代表する実力派キャスト共演で撮りあげた人間ドラマ。劇作家ジャン=リュック・ラガルスの舞台劇「まさに世界の終わり」を原作に、自分の死期が近いことを伝えるため12年ぶりに帰郷した若手作家の苦悩と家族の葛藤や愛を描き、第69回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いた。若手作家のルイは自分がもうすぐ死ぬことを知らせるため、長らく疎遠にしていた母や兄夫婦、妹が暮らす故郷へ帰ってくる。しかし家族と他愛のない会話を交わすうちに、告白するタイミングを失ってしまい……。

スタッフ

監督
グザヴィエ・ドラン
製作
ナンシー・グラン
グザビエ・ドラン
シルバン・コルベイユ
ナタナエル・カルミッツ
エリーシャ・カルミッツ
ミヒェル・メルクト
製作総指揮
パトリック・ロイ
原作
ジャン=リュック・ラガルス
脚本
グザヴィエ・ドラン
撮影
アンドレ・ターピン
美術
コロンブ・ラビ
音楽
ガブリエル・ヤーレ

キャスト

  • ギャスパー・ウリエル
  • レア・セドゥー
  • マリオン・コティヤール
  • バンサン・カッセル
  • ナタリー・バイ

作品データ

原題 Juste la fin du monde
製作年 2016年
製作国 カナダ・フランス合作
配給 ギャガ
上映時間 99分
映倫区分 PG12

映画を観に行って期待を裏切られたことは数あれどこんなにも「なにも感じなかった」のは初めてかもしれません。

それほどまでに僕はこの映画に何も感じることができませんでした。

なぜカンヌがこの作品に賞を与えるに至ったのか全くもって理解できません。

ドランの『マイマザー』初めて見たとき僕はその「粗削りではあるもののセンスがみなぎっている」様にとてつもない衝撃を受け、それ以来彼の作品を見続けてきました。

『胸騒ぎの恋人』『わたしはロランス』でもやはり未熟で脚本的に拙いところがあるものの彼独特のスローモーションの映像と音楽を掛け合わせた演出に磨きがかかり、これはマネすれば誰でもできるというものではなく彼でなければできない手法なのだと信じさせてくれるものが確かにありました。

そして『トムアットザファーム』ではその手法を封印し、スリラーというジャンルに挑んだのです。

結果は失敗だったと僕は思います。

でもその失敗から原点回帰として『マイマザー』と同様に母親への愛を綴った『Mommy』が完成するのです。

『Mommy』はinstagramでおなじみの1:1の構図の中に常に完璧な画作りと、それを逆手に取った完璧な演出で「俺はこれでパルムドールを獲るんだ!」という気概が十二分に感じられ、若い新たな才能の開花する瞬間を確かにパッケージングしている大傑作でした。

結果として審査員特別賞に留まりましたがその才能は誰もが認めるものとなりました。

そして最新作となる本作『たかが世界の終わり』はさらに1つ上の賞であるグランプリを受賞したのです。

ファンとしてはパルムドールへの階段を一歩ずつ確実に踏みしめていくドランに期待せずにはいられないのは当然だと思うのです。

しかし、その期待は脆くも崩れ去り、僕は今年これよりつまらない作品を何本見ようともこの作品をワーストに挙げてもいいと思っています。

『たかが世界の終わり』の問題点

カメラワークがとことん駄目でした。

被写体に寄りすぎな画が終始続くため観客が「感じられる幅」を狭めてしまっているように思う。

『Mommy』では1:1の狭い構図であれだけ見事な画作りを見せたのに今作では前作より広い画角でありながら画が常に窮屈なのです。

それもおそらく狙いで「家族の話だから窮屈なのである」といったところでしょうが起こっていることや家族の風景が全く感じられなくなってしまっているのでとても効果的だとは思わなかったし、その画作りが退屈を作り上げていたように感じました。

また音楽の使い方はいつものドランではあるのですが、これまでの作品中最もエモーショナルではなかった。

特に「恋のマイアヒ」をまさかこの時代に劇場で大音量で聞くことになるとは…。

中学生の頃替え歌が流行っていた曲だったので失笑してしまいました。笑

確かカンヌ国際映画祭の出品当時の星取表で本作はニコラスウェンディングレフン監督の『ネオンデーモン』とともに大変な酷評を受けていたと記憶しております。

そんな本作が今までの作品と比べて突き抜けているところが1つもないのに、未来を考慮したかのように賞を与えてしまったカンヌには正直がっかりです。

時代の寵児として『Mommy』からの飛躍を誰もが願っていることは分かっています。

でもだからこそもっと厳しい目で育てていかないと、消費されて潰されてしまうだけのものになってしまう。

絶対にドランにはそうなってほしくはないんです。
僕が『ネオンデーモン』好きなようにこの作品が好きだという人も当然いると思うんです。

これを読んで不快な思いをしてしまった方には心より謝罪申し上げます。

期待しているがゆえの酷評文だということをご理解ください。
これからのグザヴィエドランの更なる飛躍に期待しております!
おすすめ度

☆5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク