『山田孝之のカンヌ映画祭』第6話山田孝之、フランスの映画人と会う 感想/ネタバレ

あらすじ

カンヌ映画祭の会場を下見し現地の雰囲気を肌で感じ、さらにパリではカンヌ事務局のスタッフにパイロットフィルムを渡すことができた山田孝之と山下監督。さらに二人は、カンヌで賞をとるために映画をつくるというポリシーは正しいのか、またつくろうとしている映画はカンヌに向いているのか、フランスの映画人に会い、確かめることにした。

今回は前回に引き続きフランスに滞在し色々な方にあって意見を聞くという回でした。

どんなフランスの映画人が出てくるのかと思っていたらいきなりギョームブラックで僕はぶったまげました。笑

彼の『女っ気なし』や『やさしい人』は僕も大好きな作品で、おそらく後にカンヌで賞を獲る監督だと思っているのでまさかこんな作品に出てくれるとは!笑

彼の友人が映画に偉大さを求めるあまり映画は1本も撮れていないという話は面白かったですが、山田孝之御一考の未来の姿を暗示するようで気が気じゃありません。

この協力を無下にするようなら僕は彼らを絶対に許しません。笑

さて、フランスでもここぞとばかりにパイロットフィルムを見せて回るのですがなんかもはや恥ずかしかったです。

見てくれた方がなんとか作品からプラスの要素を見つけて意見しているのが見てとれて辛かったです。

「学校ではなく生きることで学ぶのが映画だ」

「撮りたい俳優と場所を見つけるのが先決」

「カンヌを下見したりパイロットフィルムを撮らずに脚本を練った方がいい」

などそれぞれの映画に対する情熱や考えを聞けたのはとても良かったと思います。

全話終わってまとめて見たときにこの番組が映画作りにおける一種の教則番組にもなっているのではないかと思わせてくれるような貴重な発言の数々でした。

それにしてもギョームブラックほどの監督でも資金集めに苦労しているとはなかなか厳しい世界ですね。

そもそもあれらの映画どれぐらいの予算で撮られているのか気になったけどそれは教えてくれませんでした。笑

そして日本に戻り、ついに河瀨直美に会いに行くわけですが一見和やかで受け入れてくれているようでありながらやはり緊張感のある場でしたね。

しかも一番緊張しているのが芦田愛菜ちゃんだったことが意外でした。

そして親殺しを演じることになる芦田愛菜ちゃんのことを1番に心配する姿は監督である前にやはり母親なのだなと。

「賞は自分が作りたいものを作った先についてくるもの。」

まさしくその通りとしか思えないような発言には説得力がみなぎっていました。

そりゃそうですよ、カンヌで審査員をやるような人なんですから。

そして最後はまさかの展開に。

来週は山田孝之が覚醒するとのことなのでとても楽しみです。笑

今回完成したプロットが現在公式HPにて1週間限定で公開されているのでご興味ある方はぜひご覧ください。(ちょっと長いですが…。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク