『クズの本懐』第3話 Show Me Love (Not A Dream)感想/ネタバレ



あらすじ

花火の家にお泊まり会に出かけた早苗は、花火に麦との関係をついに問い詰めてしまう。思い余って花火をベッドに押し倒し、麦との「本当の関係」を聞きだした早苗は、彼女の唇を奪って・・・

今回はとても内容が充実していた回でした。

なんか色々ありすぎてよくわからなくなるくらいに。笑

前回の終わり方から今回の始まり方への繋ぎ方が、花火と早苗の出会いから好きになったきっかけを端的に描いていてとても良かったです。

花火はとてもいい子ですね。

好きになられるのも十分わかる。

決して冷めた子ではなく、女の子らしいところもたくさん持っている人なんですね。

花火に対する好感度がぐんぐん上がる回でもありました。

麦は中学生の時からずっと茜先生のことを想っていて、それでも彼女がいた時期もあって。

この年代にしては大人びているようでありながら、茜先生のことにはとことん盲目で。

茜先生はやはり悪女として描かれるんですね。

あぁいう男が好きそうなキャラクターはそういう風に描かれがちなので想定内ではありますが。

そしてそんな悪女を男は好きになってしまうんですもの、男って本当にバカですよね。とほほ。

茜先生はもしかしたら麦の気持ちはわかっていて、それでいてわざと気づかないふりして弄んでるんでしょうね。

想ってくれてる人が近くにいるのが嬉しくて手放したくなくて。

男の部屋で一晩過ごしてそのままタバコの臭いのついた服で学校に来る教師なんて地雷以外のなにものでもないですからね。

麦!早く目を覚ますんだ!

本当にいい子は目の前にいるんだぞ!笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク