『住住』#3お騒がせ冷蔵庫 感想/ネタバレ

あらすじ

収録終わりの若林は、バカリズム、二階堂ふみと一緒に、現場から持ち帰った弁当を食べる。冷蔵庫の振動音が気になりだした3人は、冷蔵庫の脚に何かを噛ませようするが…。翌日、3人は寒ブリのしゃぶしゃぶ鍋を楽しむ。そんな中、若林は2年前から冷蔵庫の下に置いたままのゴキブリとるやつを思い出す。それを聞いた二階堂ふみは、すぐに取り出そうとノリノリになって―。

このドラマは本当に台本なのかなんなのかよくわからない。

huluだと本放送の内容後にスピンオフを見ることができるのですが、それは撮り方も内容もほぼ即興で作られていることが明らかなんです。

でもだからと言って本編とそんなに差はなくて、間や関係性はそのままなんですよね。

どういう過程を経て作られているのかとても気になります。

さて、今回は冷蔵庫を中心に話が展開していくという他の追随を許さぬほどの圧倒的な緩さなのですが、どんどん仲良くなっていってる3人を見ているだけで微笑ましさしか感じません。

見ているだけでニヤニヤしてしまいます。

ブリ鍋とても美味しそうだったなぁ。

(食事中にゴキブリの話をするのはちょっと嫌でしたが…。)

二階堂ふみが冷蔵庫の下に眠っているゴキブリホイホイを取るために台所の床に頭を押し付けている映像は必見です。笑

普通女優さんのそんな日常過ぎる部分って見られないですからね、とてつもなく貴重な映像だと思います。

彼女のこういう役も楽しんでやっていくスタイルは大変好感が持て、今までの若手女優像をいい意味で覆してくれていると思います。

彼女がスタンダードになってしまうと逆に他の女優さんの立ち振る舞いが大変になると思いますが、まぁそれはそれで。笑

次回はどうやらバカリズムの部屋がお目見えするようなのでどんな風になっているのかとても興味をそそられるとともにより一層のバカリズムワールドが展開されるであろうことに大いに期待しております。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク