時間の積み重ね 映画『ビフォアミッドナイト』感想/ネタバレ

あらすじ

リチャード・リンクレイター監督、イーサン・ホーク&ジュリー・デルピー主演の人気ラブロマンスシリーズ第3作。列車の中で出会ったアメリカ人のジェシーとフランス人のセリーヌが、夜明けまでの時間を過ごした「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)」(1995)、同作から9年後の2人を描いた「ビフォア・サンセット」(2004)に続き、前作から9年を経た2人の現在を描く。双子の娘に恵まれ、パリで一緒に暮らすジェシーとセリーヌ。2人は友人に招かれてバカンスのためギリシャの海辺の町へやってくるが、ジェシーは元妻とシカゴで暮らす10代の息子が気がかりで、セリーヌは環境運動家としての仕事に不安を感じており、それぞれ頭を悩ませていた。そんな時、ジェシーがアメリカへの引っ越しを提案したことから、2人の会話は夫婦喧嘩になってしまい……。

スタッフ

監督
リチャード・リンクレイター
キャラクター原案
リチャード・リンクレイター
キム・クリザン
脚本
リチャード・リンクレイター
イーサン・ホーク
ジュリー・デルピー
撮影
クリストス・ブードリス
編集
サンドラ・エイデアー
音楽
グレアム・レイノルズ

キャスト

  • イーサン・ホーク
  • ジュリー・デルピー
  • シーマス・デイビー=フィッツパトリック
  • ジェニファー・プライアー
  • シャーロット・プライアー

作品データ

原題 Before Midnight
製作年 2013年
製作国 アメリカ
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 108分
映倫区分 PG12

3部作連続鑑賞もついに最後の3作目になってしまいました。

観ている間はとても楽しかったのですが物語が終わりに近づくにつれてなんだか寂しくなってしまうような、僕はそれくらいこの二人の物語一気に惚れこんでしまいました。

まずこの手の物語の展開として「昔は仲良かったけど今はそんなことない」という方向性か「今も変わらず仲良し」という方向性の二通り描き方があると思うのですが、

今作においては個人的に後者の方向性であってくれ、いやあるべきだろ!と強く願いながら再生ボタンを押しました。

そしたら案の定後者でいてくれて、前作と変わらぬ仲睦まじい関係性の中にしかも双子の娘までいると。

なんだかとても喜ばしい気持ちになりました。

でもだからと言って何もかも順風満帆なのではなく、それぞれに不満を持ちながら生活していて、それがジェシーの離れ離れになってしまった息子が引き金となって噴出してしまう脚本構成は非常に巧みで、この夫婦の9年後を描くうえでこの一夜を取り上げたのはとても的確だったのではと思います。

基本的には1作目からのロマンチック路線を継続しつつも、人生においてずっとロマンチックでいることなどできないのだとでも言うかのようにこの夫婦の衝突を描いていくのですが正直それはそんなに見たくないなと胸を痛めながら見ていました。

でもそれがあったが故に訪れる最高のラスト。

あぁ、この二人はもうずっと大丈夫だなぁと安らかな気持ちになりました。

猛烈に素晴らしいラストシーンだったのですが、僕がなによりも感動したのはラストシーンのカメラワークが1作目であった食堂車で2人がしゃべっている中カメラが引いていき、車内全体を映すショットと同じだったことでした。

あの時間があったからこそ今この時間があって、そしてこれからも続いていくということが力強く示されていたショットだったと思います。

イーサンホークはあまり老いを感じませんでしたが、ジュリーデルピーはとても老いたように感じてしまいました。

時の流れは残酷ですね。

(余計な文章。笑)

でもジュリーデルピーの脱ぎっぷりは女優魂を感じさせる素晴らしいものでした。

とにもかくにも、僕の中のロマンチックさを呼び起こさせてくれた素晴らしい3部作だったと思いますし、全ての男女におすすめの作品です。

見逃してしまっているという方はぜひともご覧ください!

おすすめ度

☆8.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク