『カルテット』第2話感想/ネタバレ

あらすじ
真紀(松たか子)を監視するために、カルテットに加わったことが判明したすずめ(満島ひかり)。 依頼主である鏡子(もたいまさこ)に経過を報告に行くと、そもそもカラオケボックスほか二人がいたことにも、何か理由があったのではないかと疑問を持ちはじめる。
いつものように同僚の結衣(菊池亜希子)とカラオケに行った司(松田龍平)。 そこで結衣から、「私、多分結婚する」と聞かされる。突然の結婚報告に、戸惑いを感じる司。
さらに結衣は、結婚式の際には司らカルテットに演奏をしてほしいと依頼する。
煮え切らないまま家に帰った司は、3人に結衣から依頼された話をする。
仕事の依頼でもあるのに、後ろむきな態度をとる司に疑問を持った諭高(高橋一生)は、「これは行間案件だ」と言って司を追及し始める。

今回は司をメインとした少し切ない回でしたね。
カラオケで一緒に仲良く歌った曲を一人演奏する姿にはグッときました。
菊地亜希子さんがもうこのドラマで見れないのも僕的には悲しいです。
しかも結婚した相手が映画『グッドストライプス』でも相手役だった中島歩さんで『グッドストライプ』の続編としても楽しむ余地を与えてくれるとは。
ファンとしてはとてもありがたいことです。
自分のことを好きだとなんとなく感じさせてくれる女性が結婚すると聞いて焦るというのはなんとなくわかるような気がしますね。
(そんな経験ないけど…笑)
いいなぁ、誰かに好かれるって!
僕も好かれたい!笑
さて、今回はすずめ以外の2人ももたいまさこさん演じる鏡子に雇われたのではなく、それぞれがそれぞれの思惑の元偶然を装って出会っていたということが明らかになりました。
てっきり全員鏡子に雇われているものと思い込んでいたのでこれは意外でした。
司がずっと真紀を思い続けているというのもなるほどと。
急に好きになったとしては好きすぎるだろうと思って1話を見ていたのでこれは納得でした。
そして司の宇宙人のコスプレがツボでした。笑
終盤の台所での真紀とすずめのやり取りにおいて、すずめが好きなのは輸高なのか司なのか、どちらの方向とも取れるような満島ひかりさんの何気ない芝居がシンプルに素晴らしい。
前半のコンビニに道中での「質問に質問で返すそれは図星なんですよ」という会話が生きてくる巧みな脚本だなと唸りました。
それまで当然輸高を好きなのだと高をくくっていた僕はそうかその線もあり得るなと、コンビニで嬉しそうにアイスの蓋をゴミ箱に捨てるすずめの姿を思い出すのでした。
2話目にしてこの複雑さは素晴らしいの一言に尽きます。
今後どんどん複雑になっていくであろう展開を思うとわくわくします。
今回1つ気になったのは谷間さんのくだりいる?笑
っていうことぐらいでした。笑
それ以外は完璧な仕上がりだったと思います。
2話目にしてもうすでに毎週の楽しみになりつつあります。
未見の方も追いつけますのでぜひ今のうちにご覧ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク