第59回ブルーリボン賞

第59回ブルーリボン賞が発表になりました。
受賞結果は以下の通りです。
作品賞
『シン・ゴジラ』
監督賞
片渕須直『この世界の片隅に』
主演男優賞
松山ケンイチ『聖の青春』
主演女優賞
大竹しのぶ『後妻業の女』
助演男優賞
リリー・フランキー『SCOOP!』ほか
助演女優賞
杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』
新人賞
岡村いずみ『ジムノペディに乱れる』
特別賞
『君の名は。』
外国作品賞
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

この中の作品群で『後妻業の女』と『ジムノペディに乱れる』は未見ですが、他の賞を見る限りきっと大竹しのぶさんや、かつて『かしこい狗は吠えずに笑う』に出演されていた岡村いずみさん、ともに素晴らしい演技を見せているんだろうなということを想像させてくれるほどの素晴らしいラインナップだと思います。

2016年の作品を扱った賞の中でも個人的納得度は一番高い賞となりました。
特に松山ケンイチさんの主演男優賞受賞は全く関係ない僕でも喜ばしい気持ちにさせてくれるものであるとともにさまざまなしがらみがある中でもちゃんと見てくれているなぁと感心させられます。

リリーフランキーさんの助演男優賞も『SCOOP!』で唯一無二の狂気を帯びた渾身の芝居に対する最大級の賛辞に思えてとても納得度の高いものになりました。

そして何と言っても2016年最大の物議を呼んでいる『シンゴジラ』『君の名は。』『この世界の片隅に』問題に対して、どの作品にも満遍なく的確な賞を与えることに成功しているのはブルーリボン賞が初めてなのではないかと思います。

ただ1点『ローグワン』は面白い映画ではあるものの外国作品でベストかと言われるとそんなことはないと思うので、そこだけは疑問ですが概ね納得の賞でしたので未見の作品がある際は作品鑑賞の目安にぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク