『住住』第1話二階堂ふみもいる 感想/ネタバレ


あらすじ
バカリズム脚本でお届けする日常的ドラマ。都内の某マンションの住人、バカリズムとオードリー若林。2人は同じ階に住んでいて、バカリズムはよく若林の部屋に遊びに来る。芸能人でありながら派手に遊ぶこともなく地味な独身生活を送る2人。ある日、このマンションに女優の二階堂ふみが住んでいることが発覚。そしていつのまにか二階堂ふみも仲間に入り、同じマンションで暮らす芸能人仲良し3人組が誕生する。
出演
バカリズム
若林正恭
二階堂ふみ

日曜芸人という番組で共演して以降、プライベートでもとても仲良しだというバカリズムとオードリー若林の仲良さげな感じから「もしかしたら本当に同じマンションの同じ階に住んでいてもおかしくないな」と思わせてくれるリアリティから始まるこの物語。

そして、もしかしたら二階堂ふみだったらこのレベルの部屋に住んでいてもおかしくないかもしれないと思わせてくれる絶妙な塩梅がフィクションに本当らしさを与えてくれます。
(地味に部屋の本棚に二階堂ふみ出演の映画『何者』の原作本が置いてあるこの抜け目なさ。)

デリバリーピザを巡って二階堂ふみがとあるおかしな行動を取るのですが彼女ならそういうことをするかもしれないというリアリティと脚本を担当するバカリズムが二階堂ふみをそういうおかしな女の子として見ているというメタ的な構造がまた面白い。

すべてが脚本通りなのだとしたら本当にスゴいなと思えるほどの会話の上手さ。

登場人物たちが会話で笑うのに合わせてこちらも一緒に笑うことが出来ます。

バイプレイヤーズに僕が当初求めていたユルさがこのドラマにはあるような気がしています。

テラスハウスのように複数のカメラで一連の流れを捉えていると思われるカメラワークもとても好きな感じです。

これからどんどんこの3人が仲良くなっていくことを想像するだけでなんだかほっこりする気持ちにさせてくれる良企画だと思います。

シェアハウスも魅力的ですが、近くに仲の良い人が住んでるっていいなぁと素直に思わせてくれる素敵なドラマでした。

huluでもご覧いただけるということなので見れる方はぜひなにも考えずにゆるりとご鑑賞ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク