続編を作る意義『新宿スワン2』感想/ネタバレ

accfa92d86d98f51.jpg

あらすじ
「ヤングマガジン」連載の和久井健による人気コミックを、「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」の園子温監督のメガホン、綾野剛の主演で実写映画化した「新宿スワン」の続編。前作から引き続き出演の伊勢谷友介、新キャストの浅野忠信、広瀬アリス、椎名桔平らの共演により、新宿歌舞伎町のスカウトマンたちの新たなる野望と戦いが描かれる。スカウト会社「新宿バースト」のエース格へと成長した白鳥龍彦は、幹部の関玄介とともに横浜へと送り込まれる。社長・山城は「バースト」の横浜進出を目論んでいたが、タキと呼ばれる男が牛耳る横浜は、逆に新宿を飲み込もうと徹底抗戦の構えで対抗。新宿と横浜は全面戦争へと突入していく。プロデューサーは「クローズ」シリーズの山本又一朗。「るろうに剣心」シリーズの谷垣健治がアクション監督として参加。
スタッフ
監督
園子温
原作
和久井健
脚本
水島力也
プロデューサー
山本又一朗
企画
古川公平
キャスト
綾野剛
浅野忠信
伊勢谷友介
深水元基
金子ノブアキ
製作年
2017年
製作国
日本
配給
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間
133分

早速鑑賞してまいりました。

うーん、やはり不安は的中しました。

日本のヒット作は続編にせよという悪しき風習をこれでもかと突き詰めたような駄作だったと言わざるを得ません。

むしろ前作より面白くなかったです。
非常に残念でした。

まずストーリー展開に全く魅力がなく中盤からほとんど飽きていました。

コンテストと麻薬の売買が並行して描かれていくのですが、こういう手法はそれぞれの緊迫感を維持しながら語られるために取り入られるべきもので、どちらにも興味が沸かないものを二つ並べられても…。と感想を抱くほど下手な脚本だなという印象でした。

今回ヒロインとして初登場した広瀬アリスさんはどうにもヒロインとしては物足りない部分が見えて、このような作品だと数多いる女性の中でもひと際目立ったようなルックの方ではないと務まらないのだなと感じました。
『銀の匙』などのように主人公にとってのヒロインというような狭い世界の話の方が彼女にはあっているかなという印象です。

それとこれは前作から思っていたことなのですが、山田優がヤクザの総長もが羨む絶世の美女という設定にはあまりにも無理があると思いながら見ていました。

制作会社が小栗旬の所属事務所なのでそれを気にしてのキャスティングなのかな?と訝しまずにはいられません。笑

それでも唯一浅野忠信だけは見ごたえばっちりでした。

彼を見るだけでも十分元が取れたと思っています。

でも本音を言えばこれを見るなら深田晃司監督作『淵に立つ』を是非見てほしいのです…。

そして綾野剛さんは役柄的にキツイ物がある役をそつなく演じていて、個人的にはⅠを経たから『日本で一番悪い奴ら』の芝居があったと思うのでそう思うとこれはこれで良かったのかなという気持ちです。

でももう続編がないことを祈ります。

次があっても僕はもう見ません。

おすすめ度
☆6/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク