紛れもなくレフンの映画『ネオンデーモン』感想/ネタバレ

b3f10d076f521ad1.jpg
あらすじ
「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督がエル・ファニングを主演に迎え、究極の美を追求するファッション業界に渦巻く欲望と狂気を、きらびやかに彩られた独特の映像美とスタイリッシュな音楽に乗せて描いたサスペンススリラー。トップモデルを夢見て故郷の田舎町からロサンゼルスに上京してきた16歳のジェシー。人を惹きつける天性の魅力を持つ彼女は、すぐに一流デザイナーや有名カメラマンの目に留まり、順調なキャリアを歩みはじめる。ライバルたちは嫉妬心から彼女を引きずりおろそうとするが、ジェシーもまた自身の中に眠っていた異常なまでの野心に目覚めていく。モーテルで働く男ハンク役にキアヌ・リーブス。
スタッフ
監督
ニコラス・ウィンディング・レフン
製作
レネ・ボーグルム
シドニー・デュマ
バンサン・マラバル
製作総指揮
クリストフ・ランデ
キャスト
エル・ファニング
キアヌ・リーブス
カール・グルスマン
クリスティーナ・ヘンドリックス
ジェナ・マローン
原題
The Neon Demon
製作年
2016年
製作国
フランス・アメリカ・デンマーク合作
配給
ギャガ
上映時間
118分
映倫区分
R15+
万人におすすめできる映画かと言えばまったくそんなことはなく、おそらく訳がわからなかったという意見が大半を占める映画だと思います。
しかし、圧倒的な映像美は劇場で今見るべき喜びに溢れていて、これぞニコラスウィンディングレフンの作品だと言える仕上がりになっています。
レフンファンである僕は観ている間ずっとレフンの新作を3年ぶりに観ることができている喜びと更なる高みへ登っていこうとしている姿に激しく感動いたしました。
事前情報をほぼ入れずに観たので、なんとなくモデル業界でのし上がっていく話ぐらいの認識でしかありませんでした。
確かにそういう側面はあるものの決してそこの部分の実態を暴いてやろうとか、そういった意欲を持った作品ではなくエルファニングを使ってレフンがどういう世界観を構築していくのに焦点を当てた作品であり、そのために選ばれたのがモデル業界だったのだと思います。
モデル業界を描くにあたって不可欠とも言えるメイクアップアーティスト、カメラマン、デザイナーの描き分け方がとにかく秀逸で、それぞれがエルファニング演じるジェシーに惹かれていくのですが、メイクさんとエルファニング演じるジェシーの鏡越しのショットの連続、カメラマンの撮影スタジオでの絶対的な存在感、そしてデザイナーがオーデションで見初めるシーンは生唾を飲み込むことで出会えた感動を表現する演出はありそうでなかった演出で、その演出に観客である僕が生唾を飲み込むという二重現象が起きたほどでした。
どれも分かりやすくはないけれど見ているだけで分かる演出が巧みでした。
そして何と言ってもエルファニングが変わっていく描写がとにかく凄い。
どうやったらあんな表現方法を思いつくのか、理解の範疇を越えた卓越した映像表現はぜひ映画館の大きなスクリーンと大ボリュームの音響で味わっていただきたいです。
共感など一切求めていない突き抜けすぎなラストも賛否両論どころではなく否が8割ぐらいだと思いますが、作家というのはそれくらい突き抜けた方がいいんだと思います。
僕は好きですし、久しぶりにその世界観に没入させてくれる映画に出会いました。
レフンさん、ありがとう!一生着いていきます!
それにしても当初キアヌリーブスはエルファニングを引き上げていく役なのではと勝手に想像していたのですがそんな脆弱な想像はあっさり崩れ去り、あんなにしょうもない人物を演じてくれているとは!笑
臆面もなくああいう役をやってくれる役者さんは本当に信頼できると改めて感心させられたのでした。
突き抜けた後のその先にどんな映画を撮るのか。
今後もニコラスウィンディングレフンに注目していきたいと思います!
おすすめ度
☆8.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク