この世のものならざるもの『蜜のあわれ』感想/ネタバレ

poster2.jpg
あらすじ
自分のことを「あたい」と呼ぶ愛くるしい赤子と、赤子から「おじさま」と呼ばれる老作家。親子以上に年の離れた二人だが、とめどない会話を交わし、夜になると体を寄せ合って寝るなど、仲睦まじく暮らしていた。赤子はある時は女(ひと)、ある時は真っ赤な金魚と姿を変えるが、普通の人間には彼女の正体はまったくわからない。そんな中、老作家の過去の女が幽霊となって現れた。赤子役を二階堂ふみ、老作家役に大杉漣。幽霊として登場する過去の女役を真木よう子が演じる。
スタッフ
監督
石井岳龍
原作
室生犀星
脚本
港岳彦
エグゼクティブプロデューサー
香山哲
小西啓介
キャスト
二階堂ふみ
大杉漣
真木よう子
高良健吾
永瀬正敏
製作年
2016年
製作国
日本
配給
ファントム・フィルム
上映時間
105分
詩や俳句、随筆などさまざまなジャンルの作品を残した作家・室生犀星が、晩年の1959年に発表した会話のみで構成されたシュルレアリスム小説の古典を、「生きてるものはいないのか」「シャニダールの花」の石井岳龍監督のメガホンにより映画化した作品。
高良健吾が芥川龍之介を演じるということで公開当時話題になっていたものの僕はどうにも文芸作品が苦手なのでスルーしていたのですが、これが意外にも堅くなりすぎずエロティックな仕上がりになっていました。
二階堂ふみさんがこの世のものならざるものを赤子を軽やかに演じているので、これまでの文芸作品にはなかった軽妙な鑑賞感を抱かせてくれるとともに、子どものようでありながら時折赤子が見せる色っぽい仕草や表情や肉体にとても魅せられます。
脇を固める役者陣もそれぞれ魅力的で作家役を演じる大杉連さんとの掛け合いや、金魚売の永瀬正敏さんの不思議な佇まい。
さらに真木よう子さんと二階堂ふみさんが並んでいる画は、お互いいつもとは少し変わった格好をしてはいるものの安心して見ていられます。
そして、やはり高良健吾さん演ずる芥川龍之介は出番こそ少ないもののいるだけで説得力のある存在感を放っていました。
序盤少し違和感を拭えなかった文語体のセリフ回しも少しすれば心地よく、普段文芸作品を見慣れていない人でも見やすい作品なのではと思います。
作り手側もチャレンジをしながら作っていのが伺える意欲作となっておりますのでぜひご覧ください。
おすすめ度
☆7/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク