フィルムからデジタルへ『サイドバイサイド』

original.jpg
あらすじ
映画の唯一の記録フォーマットだったフィルムが、デジタル技術の台頭により消滅しつつある現在の映画界を概観しながら、映画におけるデジタル技術の革命を検証するドキュメンタリー。製作を務めたキアヌ・リーブスが自らホスト役も務め、マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロン、デビッド・フィンチャーら大物監督や撮影監督、編集技師、特殊効果技師など映画制作者たちへインタビューを敢行。その証言から、映画制作の未来を探っていく。
スタッフ
監督
クリス・ケニーリー
製作
キアヌ・リーブス
撮影
クリス・キャシディ
キャスト
マーティン・スコセッシ
ジョージ・ルーカス
ジェームズ・キャメロン
デビッド・フィンチャー
デビッド・リンチ
ラースフォントリアー
原題
Side by Side
製作年
2012年
製作国
アメリカ
配給
アップリンク
上映時間
99分
なにやら出演者欄に大物監督の名前がズラリと並ぶこちらの作品。
それもそのはず今回の作品はフィルムからデジタルへと急激な変遷を遂げる撮影技術についてのドキュメンタリー作品なのです。
インタビューの聞き手としてプロデューサーを兼任するキアヌリーブスが出演していて、監督、撮影監督、編集、俳優などあらゆる視点から意見が聞けるのがとても楽しくためになります。
矢継ぎ早にインタビューが繋がれていきながら映画史をなぞるように映像機器の変遷をたどりながら進むドキュメンタリーなのですが、これだけ聞くとお勉強映画のような退屈な印象を受けると思いますが決してそんなことはなく、観客を楽しませる工夫を随所に凝らした映像を散りばめながら進むのでとても面白かったです。
正直こんなにワクワクしながら見られるとは全く思っていなかったので嬉しい誤算でした。
今作ではたくさんの映画が参考作品として取り上げられるのですが、定番作品から見たことない作品までたくさんの作品が取り上げられ、それらの作品をフィルム、デジタルの変遷において重要な作品なんだということを念頭に置きながら見ることでより深い楽しみ方が出来そうな気がしました。
今後デジタル撮影機器が更なる進歩を遂げていくのは明らかなことで、フィルムがどうなっていくのかは全く分かりません。
今回登場した人物それぞれにフィルム、デジタルに対するこだわりがあって、そして何より映画が大好きなんだということがヒシヒシと伝わってくる良質で幸せな気分にさせてくれるドキュメンタリー映画でした。
映画技術のお勉強としてもとてもためになる作品となっておりますので、興味のある方はぜひご覧ください!
おすすめ度
☆7.5/10


なにやら出演者欄に大物監督の名前がズラリと並ぶこちらの作品。
それもそのはず今回の作品はフィルムからデジタルへと急激な変遷を遂げる撮影技術についてのドキュメンタリー作品なのです。
インタビューの聞き手としてプロデューサーを兼任するキアヌリーブスが出演していて、監督、撮影監督、編集、俳優などあらゆる視点から意見が聞けるのがとても楽しくためになります。
矢継ぎ早にインタビューが繋がれていきながら映画史をなぞるように映像機器の変遷をたどりながら進むドキュメンタリーなのですが、これだけ聞くとお勉強映画のような退屈な印象を受けると思いますが決してそんなことはなく、観客を楽しませる工夫を随所に凝らした映像を散りばめながら進むのでとても面白かったです。
正直こんなにワクワクしながら見られるとは全く思っていなかったので嬉しい誤算でした。
今作ではたくさんの映画が参考作品として取り上げられるのですが、定番作品から見たことない作品までたくさんの作品が取り上げられ、それらの作品をフィルム、デジタルの変遷において重要な作品なんだということを念頭に置きながら見ることでより深い楽しみ方が出来そうな気がしました。
今後デジタル撮影機器が更なる進歩を遂げていくのは明らかなことで、フィルムがどうなっていくのかは全く分かりません。
今回登場した人物それぞれにフィルム、デジタルに対するこだわりがあって、そして何より映画が大好きなんだということがヒシヒシと伝わってくる良質で幸せな気分にさせてくれるドキュメンタリー映画でした。
映画技術のお勉強としてもとてもためになる作品となっておりますので、興味のある方はぜひご覧ください!
おすすめ度
☆7.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク