キネマ旬報2016ベスト10

2016年のキネマ旬報ベスト10が発表されました。
キネマ旬報ベスト10は日本で一番歴史と権威のある映画賞なので毎年結果をとても楽しみにしている賞の一つです。
結果は以下の通りです。
キネマ旬報2016年日本映画ベスト10
1位:『この世界の片隅に』
2位:『シン・ゴジラ』
3位:『淵に立つ』
4位:『ディストラクション・ベイビーズ』
5位:『永い言い訳』
6位:『リップヴァンウィンクルの花嫁』
7位:『湯を沸かすほどの熱い愛』
8位:『クリーピー 偽りの隣人』
9位:『オーバー・フェンス』
10位:『怒り』
キネマ旬報2016年外国映画ベスト10
1位:『ハドソン川の奇跡』
2位:『キャロル』
3位:『ブリッジ・オブ・スパイ』
4位:『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
5位:『山河ノスタルジア』
6位:『サウルの息子』
7位:『スポットライト 世紀のスクープ』
8位:『イレブン・ミニッツ』
9位:『ブルックリン』
10位:『ルーム』
 
個人賞(日本映画)
主演女優賞:宮沢りえ (「湯を沸かすほどの熱い愛」)
主演男優賞:柳楽優弥 (「ディストラクション・ベイビーズ」)
助演男優賞:竹原ピストル (「永い言い訳」)
助演女優賞:杉咲花 (「湯を沸かすほどの熱い愛」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」)
新人女優賞:小松菜奈(『溺れるナイフ』)
新人男優賞:村上虹郎(『ディストラクションベイビーズ』)
監督賞:片渕須直 (「この世界の片隅に」)
脚本賞:庵野秀明 (「シン・ゴジラ」)
外国映画監督賞:クリント・イーストウッド (「ハドソン川の奇跡」)
今年の選考を見て率直に思ったのは「無難」ということでした。
昨年の『ハッピーアワー』のようなビッグサプライズがあるわけでもなく普通に評価を得ている作品が順当に入ったという印象です。
強いて挙げるなら『ディストラクションベイビーズ』の4位くらいでしょうか。
この映画の柳楽優弥さんはとても素晴らしかったので主演男優賞は納得です。
それと個人的に『海よりもまだ深く』が入っていなくて、『怒り』が入っているのには全く納得いきませんがまぁいいでしょう。
外国語映画賞部門で言うと『トランボ』と『ブルックリン』は未見ですが、『イットフォローズ』『オデッセイ』あたりが入っていてもよかったのではないかと思うので「うーん」と言った感じです。
『ハドソン川の奇跡』が1位なのには大納得です。万人におすすめできる作品なのでぜひ見てください。
3位の『ブリッジオブスパイ』が入っていたのも少々意外でした。
年始に公開された作品だったため印象も薄れてしまいがちな作品なのですが、スピルバーグ人気は今もなお健在といったことなのでしょうか。
個人賞で言うと先ほど言った通り主演男優賞の柳楽優弥さんや『湯を沸かすほどの熱い愛』は納得の受賞ですが、脚本賞に『シンゴジラ』の庵野秀明さんが入っていることには凄く大きな意味があると思います。
僕は今まで『シンゴジラ』の脚本についてそれほど深く考えたこともなかったのですが、これを機に考えてみると確かにあのような形で映画を撮り切る演出の凄さもさることながら、
脚本段階で勝算が見えているような構成に仕立て上げていたというのは受賞に値する仕事ぶりだったのではと感心させられました。
このように新たな気づきがあるというところに映画賞の面白さがあるような気がしています。
ぜひこれを参考により多くの映画に触れていただければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク