『ドキュメンタル』感想/ネタバレ

あらすじ
松本人志プレゼンツ、密室笑わせ合いサバイバル。10人の芸人たちが自腹の参加費100万円を握りしめ、芸人のプライドと優勝賞金1000万円をかけて笑わせ合う。最後まで笑わなかった者が勝ち。密室に閉じ込められた芸人が極限まで追いつめられることで生まれる本能むき出しの笑いは必見。
Amazonプライムビデオで見ることができるお笑いとドキュメンタリーを掛け合わせた新企画。
これまですべらない話やIPPONグランプリなど数々の名番組を生み出してきた松本人志印の番組だけにかなりハードルを上げてみてしまいましたが、それでもとても楽しめる番組となっていました。
生き残るための最大の要因はまず笑わせることよりも笑わないことにあったと思います。
攻撃力より防御力が大事というか。
序盤はみな初めての企画なだけあって様子を伺いながらの展開になっていくなかで、果敢に攻めていく人もいるのですが必ずしもそれが効果を生むわけではなく、後々自滅していってしまう様はとても印象的でした。
さらに攻め手に行き詰まるとどうしても下ネタに行きついてしまうのですが、面白いかどうかはさておいて、地上波では絶対に出来ない領域まで放映できているという点でネット配信の強みを感じました。
しかしその下ネタがことごとく笑わせるに至らない点もとても興味深かったです。
戦いが終盤に進み人数が少なくなっていくにつれて初めて、この戦いの本領が矢継ぎ早に発揮されるのですがそこからは本当に面白かったです。
これまでの長時間を戦ってきた人々だからこその最終決戦にふさわしい展開になっていったと思います。
年末年始のテレビに疲れてしまった人にこそぜひ見てほしい番組でした。
誰が勝者となったのか、その目で確かめてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク