フジテレビヤングシナリオ大賞『俺のセンセイ』感想/ネタバレ

あらすじ
西虎太郎(46)は売れない漫画家。かつては大ヒット作で多額の印税を手にしたが、その後は鳴かず飛ばず。印税もほぼ使い果たしてしまったうえに仕事の依頼もない。
そんなある日、虎太郎は編集者から、若手の人気漫画家・郡司すみれ(21)のアシスタントを依頼される。
キャスト
宮本浩次
石橋杏奈
小出恵介
佐藤二朗
毎年年末に放送されているフジテレビヤングシナリオ大賞受賞作のドラマ化作品ですが、今年はなんとエレファントカシマシの宮本さんが主演ということで見てみました。
率直に言うとシナリオ大賞であるにもかかわらず脚本があまりいいとは思えず、とてもベタな作品になってしまっていたなという印象です。
それでも本作の主演が宮本さんであることを最大限に生かすようにエレファントカシマシの楽曲を劇中でフル活用している点は上手い、というより最早ずるいと言わざるを得ないぐらいでした。笑
(しょっぱなから悲しみの果てを流すなんてずるすぎる。笑)
正直上手いとは言えない宮本さんのお芝居も曲のおかげか中盤から違和感なく見れるようになり石橋杏奈さんのドS芝居と相まってとても良いバランスで見ることが出来ました。
今後宮本さんのお芝居が観れる機会があるのかどうかはわかりませんがまた見てみたいと思うとともに、早くアルバムを出してくれないかなぁと余計な事を思います。笑
エレカシファン、または石橋杏奈ファンは観ておいて損のない作品だったと思いますのでぜひご覧ください。
おすすめ度
☆6.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク