奇をてらわずにシンプルに『ビリギャル』感想/ネタバレ

poster2.jpg
あらすじ
名古屋の女子高に通うさやかは、偏差値30の学年ビリという成績。見かねた母に塾へ通うことを提案され、入塾面接で教師の坪田と運命的な出会いを果たす。金髪パーマに厚化粧、耳にはピアス、極端に短いミニスカートというギャル全開なさやかに面を食らう坪田だったが、さやかの素直な性格に気付き、ふたりは慶應大学への受験合格を約束することに。偏差値30のギャルが、偏差値70の慶應大学現役合格を果たすまでを、笑いと涙で描いていく。監督は「いま、会いにゆきます」「涙そうそう」「ハナミズキ」などを手がけた土井裕泰。
スタッフ
監督
土井裕泰
原作
坪田信貴
脚本
橋本裕志
エグゼクティブプロデューサー
渡辺正一
プロデューサー
那須田淳
キャスト
有村架純
伊藤淳史
野村周平
大内田悠平
奥田こころ
吉田羊
田中哲司
製作年
2015年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
117分
この作品には事実であるという圧倒的な強みがあります。
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話。略してビリギャルというタイトル事態が盛大なネタバレであり、でもそうなることがわかっているからこそ感動できる稀有な作品に仕上がっています。
でもなぜこんなに感動するのか。それは有村架純が可愛いから!という単純なものではなく、先生と生徒の話であるとともに家族の話だからだと僕は思います。
中盤の弟が挫折し父親の期待に苦しむ姿は見ていてとても胸が苦しくなりました。
どんなに頑張っていても上手くいかないこともある。
姉がその後成功するということがわかっているからなおのこと突き詰められるシーンでした。
人生の酸いも甘いも切実に描き出しています。
実話だからと言ってありのままに描いていくのではなくフィクション性をふんだんに取り込んだ脚色もとても良いです。
学校の先生は徹底的に悪者として描き、予備校の先生を善人として描く。
原作を僕は読んでいないですが、事実はおそらくこんなにも明確ではなく学校の先生もそれなりに取り合ってくれていたと思うんです。
ただ本作はその部分は徹底的に脚色している。
そんな脚色を無理なくけん引しているのは安田顕さんの悪役としての芝居だと思います。
(本当に腹立たしい。笑)
そしてその対比として予備校の先生役の伊藤敦史さんの芝居が生きるのです。
1度目を見たときは伊藤淳史さんの芝居がちょっと他の人とは違うラインにあるような気がしながら見ていたのですが2度目を見てみると主人公の生きてきた場所から違うやり方で生きてきた人として至極全うに見えてとても良かったです。
そしてまぁとにもかくにも有村架純が素晴らしい。
有村架純を見るためだけでも十分に見る価値のある映画だと思います。
また慶応に受かったその後の物語が映画『何者』だという風に捉えると違った見え方ができて面白いかもしれませんよ。笑
中学生や高校生の時にこの映画を見ていたとしたらもっと勉学の面で頑張ろうと素直に思えていただろうし、誰にも媚びることなく、だからこそ誰にでも楽しむことができるシンプルな青春映画であることは間違いない作品です。
原作のなんとなくのイメージで敬遠している人にこそ見てほしいと思いました。
それにしても有村架純は本当にかわいいな、ちくしょー。笑
おすすめ度
☆8/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク