『TOOYOUNGTODIE若くして死ぬ』感想/ネタバレ

poster2.jpg
あらすじ
平凡な男子高校生・大助は、修学旅行中に交通事故に巻き込まれ死んでしまう。目覚めるとそこは、深紅の空の下で人々が責め苦を受けるホンモノの地獄だった。戸惑う大助の前に、地獄専属ロックバンド「地獄図(ヘルズ)」のボーカル&ギターで、地獄農業高校の軽音楽部顧問をつとめる赤鬼・キラーKが出現。現世によみがえる方法があることを知った大助は、大好きなクラスメイト・ひろ美ちゃんとキスするため、キラーKの厳しい指導のもと地獄めぐりを開始する。
スタッフ
監督
宮藤官九郎
脚本
宮藤官九郎
プロデューサー
宇田充
長坂まき子
臼井央
キャスト
長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝、アスミック・エース
上映時間
125分
人気脚本家・宮藤官九郎の監督作で、長瀬智也&神木隆之介共演で描く奇想天外コメディ。
神木扮する主人公・大助を導く赤鬼・キラーK役を、長瀬が特殊メイクによる衝撃的なビジュアルでハイテンションに演じる。共演にも宮沢りえ、桐谷健太、古田新太ら豪華キャストが集結した。
ドラマの脚本家としてはこれまで数多くの名作を手掛けてきている宮藤官九郎さんですが、映画監督としてはいまいちパッとしないというかギャグがどうにもスクリーンの上で上滑りしてしまっている印象をこれまで受けてきたのですが、今作では映画的なるものに媚びることなく、上手くかわしながら自分のテリトリーでやり切った娯楽作になっていました。
僕はクドカン作品で今まで一番好きな作品がタイガー&ドラゴンだったのですが、その作品でもタッグを組んだ長瀬智也さんを今回主要キャストに抜擢し、さらに本業である歌を歌わせることによって冒頭から世界観を見事に構築させていて、少々突飛な設定ながらもそれを観客に受け入れさせることに成功しているように感じました。
キャスティングも抜群で神木隆之介、桐谷健太、宮沢りえ、古田新太、古館寛治などすごくはまっていたと思います。
皆川猿時を女子役に据えるという狂ったキャスティングもクドカン作品らしくてとても面白かったです。
それと『プリンセスメゾン』でも思いましたが森川葵は本当に達者な役者だなぁと改めて思いましたし、今回学生ものとして無理のある設定を成立させているのは彼女があの役にいたからではないかと思わせるほどの存在感でした。
終盤の展開はちょっと長くてだれてしまうけれども、終わり方としてはこの上ないハッピーエンドでさらにエンドロールでも楽しませてくれるのでありかなと。
映画という土壌の中でここまで好き放題やってくれる監督は今は中々いないですがその中でクドカンは自分の色を大いに出しながら自分なりに2時間という尺に向かい合った結果が今回の映画なのではと思います。
とても笑わせてもらいました。
(輪廻転生の下りとかどんな脚本だよ!と爆笑させられました。笑)
娯楽作として万人におすすめできる作品かというと下ネタが多々出てくるため何とも言えませんが、クドカン作品が好きな人には間違いなくおすすめできる作品だと思います。
おすすめ度
☆7.5/10


人気脚本家・宮藤官九郎の監督作で、長瀬智也&神木隆之介共演で描く奇想天外コメディ。
神木扮する主人公・大助を導く赤鬼・キラーK役を、長瀬が特殊メイクによる衝撃的なビジュアルでハイテンションに演じる。共演にも宮沢りえ、桐谷健太、古田新太ら豪華キャストが集結した。
ドラマの脚本家としてはこれまで数多くの名作を手掛けてきている宮藤官九郎さんですが、映画監督としてはいまいちパッとしないというかギャグがどうにもスクリーンの上で上滑りしてしまっている印象をこれまで受けてきたのですが、今作では映画的なるものに媚びることなく、上手くかわしながら自分のテリトリーでやり切った娯楽作になっていました。
僕はクドカン作品で今まで一番好きな作品がタイガー&ドラゴンだったのですが、その作品でもタッグを組んだ長瀬智也さんを今回主要キャストに抜擢し、さらに本業である歌を歌わせることによって冒頭から世界観を見事に構築させていて、少々突飛な設定ながらもそれを観客に受け入れさせることに成功しているように感じました。
キャスティングも抜群で神木隆之介、桐谷健太、宮沢りえ、古田新太、古館寛治などすごくはまっていたと思います。
皆川猿時を女子役に据えるという狂ったキャスティングもクドカン作品らしくてとても面白かったです。
それと『プリンセスメゾン』でも思いましたが森川葵は本当に達者な役者だなぁと改めて思いましたし、今回学生ものとして無理のある設定を成立させているのは彼女があの役にいたからではないかと思わせるほどの存在感でした。
終盤の展開はちょっと長くてだれてしまうけれども、終わり方としてはこの上ないハッピーエンドでさらにエンドロールでも楽しませてくれるのでありかなと。
映画という土壌の中でここまで好き放題やってくれる監督は今は中々いないですがその中でクドカンは自分の色を大いに出しながら自分なりに2時間という尺に向かい合った結果が今回の映画なのではと思います。
とても笑わせてもらいました。
(輪廻転生の下りとかどんな脚本だよ!と爆笑させられました。笑)
娯楽作として万人におすすめできる作品かというと下ネタが多々出てくるため何とも言えませんが、クドカン作品が好きな人には間違いなくおすすめできる作品だと思います。
おすすめ度
☆7.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク