化け物には化け物を『貞子VS伽椰子』感想/ネタバレ

今回は『貞子VS伽椰子』をご紹介します。
02795e8003e98df8.jpg
あらすじ
その映像を見ると貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死んでしまうという「呪いの動画」を見てしまった女子大生の有里。そして、入ったら行方不明になるという「呪いの家」に足を踏み入れてしまった女子高生の鈴香。共に呪いをかけられた2人を救うために立ち上がった霊媒師の経蔵は、貞子と伽椰子を戦わせるという秘策に打って出る。
スタッフ
監督
白石晃士
脚本
白石晃士
エグゼクティブプロデューサー
井上伸一郎
高木ジム
製作
堀内大示
キャスト
山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、甲本雅裕、安藤政信
製作年
2016年
製作国
日本
配給
KADOKAWA
上映時間
99分
『リング』の貞子と『呪怨』の伽椰子というJホラーを代表する恐怖の2大キャラクターの共演が実現した作品。『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズや『ノロイ』『オカルト』などホラー作品を多数手がける白石晃士監督がメガホンをとり、山本美月が主演、玉城ティナ、安藤政信らが共演する。
ホラー映画を最近やっと克服し見られるようになったので『リング』は『呪怨』を見たことはないのですが、それでも知っている超有名幽霊キャラクターの夢の共演とあってこれは見なければと思い今回見てみました。
ホラーとしてしっかり踏襲したうえで見る人によってはコメディとしても見られる作品に仕上がっていてとても好感が持てました。
まず、キャスティングがとても良く、山本美月さん、佐津川愛美さん、玉城ティナさんなど美人キャストが基本軸を担っているためそれだけでもずっと見ていられるくらいに美しく、美人が恐怖し慄く様はとてもそそるものがありますね。笑(役者さんにとってはとても大変なお芝居だと思いますが…。)
そしてなんと言っても安藤政信さんが素晴らしい!
そんな設定あり!?とも思える設定を「化け物には化け物をぶつけんだよ!」というセリフと共に一気に世界観を牽引して行ってくれます。
またそのキャラクターがあんなにイケメンなのにとても笑える点もポイントが高いです。
そして散々色々やったけれどもこの映画の主人公は化け物2人なのだと迎える決着にはとても納得させられたというか、やっぱり怖かったです。
貞子の設定がなされた当時から現代の電話やインターネット、DVDなどの技術革新の進み具合もいい味わいを醸し出していました。
ビデオだからこそ出る怖さもあったのかもしれませんね。
機会があれば『リング』や『呪怨』も見てみようと思います。
ホラー好きの方はもちろん、ホラー耐性のあるコメディ好きの方などにぜひおすすめしたい映画です。
大人数でわいわい言いながら見るのも楽しいかもしれませんね。
おすすめ度
☆7/10


『リング』の貞子と『呪怨』の伽椰子というJホラーを代表する恐怖の2大キャラクターの共演が実現した作品。『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズや『ノロイ』『オカルト』などホラー作品を多数手がける白石晃士監督がメガホンをとり、山本美月が主演、玉城ティナ、安藤政信らが共演する。
ホラー映画を最近やっと克服し見られるようになったので『リング』は『呪怨』を見たことはないのですが、それでも知っている超有名幽霊キャラクターの夢の共演とあってこれは見なければと思い今回見てみました。
ホラーとしてしっかり踏襲したうえで見る人によってはコメディとしても見られる作品に仕上がっていてとても好感が持てました。
まず、キャスティングがとても良く、山本美月さん、佐津川愛美さん、玉城ティナさんなど美人キャストが基本軸を担っているためそれだけでもずっと見ていられるくらいに美しく、美人が恐怖し慄く様はとてもそそるものがありますね。笑(役者さんにとってはとても大変なお芝居だと思いますが…。)
そしてなんと言っても安藤政信さんが素晴らしい!
そんな設定あり!?とも思える設定を「化け物には化け物をぶつけんだよ!」というセリフと共に一気に世界観を牽引して行ってくれます。
またそのキャラクターがあんなにイケメンなのにとても笑える点もポイントが高いです。
そして散々色々やったけれどもこの映画の主人公は化け物2人なのだと迎える決着にはとても納得させられたというか、やっぱり怖かったです。
貞子の設定がなされた当時から現代の電話やインターネット、DVDなどの技術革新の進み具合もいい味わいを醸し出していました。
ビデオだからこそ出る怖さもあったのかもしれませんね。
機会があれば『リング』や『呪怨』も見てみようと思います。
ホラー好きの方はもちろん、ホラー耐性のあるコメディ好きの方などにぜひおすすめしたい映画です。
大人数でわいわい言いながら見るのも楽しいかもしれませんね。
おすすめ度
☆7/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク