第38回ヨコハマ映画祭

独自の深い目線に特色のあるヨコハマ映画祭が今年も発表になりました。
受賞結果は以下の通りです。
ヨコハマ映画祭2016年日本映画ベストテン
第1位『この世界の片隅に』片渕須直監督
第2位『湯を沸かすほどの熱い愛』中野量太監督
第3位『ディストラクション・ベイビーズ』真利子哲也監督
第4位『シン・ゴジラ』庵野秀明監督
第5位『永い言い訳』西川美和監督
第6位『淵に立つ』深田晃司監督
第7位『怒り』李相日監督
第8位『聖の青春』森義孝監督
第9位『葛城事件』赤堀雅秋監督
第10位『君の名は。』新海誠監督
次 点『リップヴァンウィンクルの花嫁』岩井俊二監督
作品賞
『この世界の片隅に』片渕須直監督
監督賞
中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』
森田芳光メモリアル新人監督賞
真利子哲也『ディストラクション・ベイビーズ』
森田芳光メモリアル新人監督賞
杉山泰一『の・ようなもの のようなもの』
脚本賞
中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』
撮影賞
佐々木靖之『ディストラクション・ベイビーズ』
主演男優賞
三浦友和『葛城事件』
主演男優賞
柳楽優弥『ディストラクション・ベイビーズ』
主演女優賞
筒井真理子『淵に立つ』
助演男優賞
菅田将暉『ディストラクション・ベイビーズ』
助演女優賞
杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』
最優秀新人賞 
太賀『淵に立つ』
小松菜奈
『ディストラクション・ベイビーズ』
村上虹郎
『ディストラクション・ベイビーズ』
審査員特別賞
の ん 『この世界の片隅に』の作品世界を決定づけた声音の魅力を称えて。
特別大賞
庵野秀明
『シン・ゴジラ』において示したファンタジックにして日本社会のアクチュアリティを撃つ
作劇術に驚きと敬意を表して。
以上のような結果となりました。
今年1番早いベスト10なのではないでしょうか。
こうやって並べて見るだけでも今年の邦画は豊作だったなぁと改めて思わされます。
僕の個人的な感触ですが、他の映画ベスト10などにはおそらく『ディストラクションベイビーズ』は入らない可能性が高いのではないかという印象がある中ヨコハマ映画祭は3位にランクインさせ、演技賞においてはほとんどの部門で受賞させています。
この辺に映画祭としての意義を見出しているように感じました。
特に柳楽優弥さんに主演俳優賞を、撮影賞に佐々木靖之さんを選んでいる点が今後においてとても意味のあることなのではと思いました。
柳楽優弥さんは『誰もしらない』でカンヌ映画祭主演男優賞を最年少で受賞後将来を大いに期待される中伸び悩み、一時期は俳優を辞めたという噂が流れてしまう程に低迷した時期もありました。
しかし『許されざる者』、『ゆるせない、逢いたい』などで見事なカムバックを遂げ、今回満を持しての主演作で素晴らしい演技を見せてくれたので納得の受賞でありました。
僕と同い年の俳優なので個人的にとても応援しています。
佐々木靖之さんは東京藝術大学大学院映像研究科撮影領域の出身で、『不気味なものの肌に触れる』『グッドストライプス』『ディアーディアー』などの撮影監督として知られる若手のホープと言われる方で、今回この賞に選ばれたのも今後への期待値を込めての受賞なのでしょう。
こういった部門賞を設けている点も映画祭としてとても好感が持てます。
そして今回特筆しなければならない点として『この世界の片隅に』を大きく評価している点があります。
ベスト10で1位に選出しているほか作品賞も受賞し、さらに審査員特別大賞をのんさんが受賞しています。
苦境に立たされる中このようにのんさんに賞を与えることはおそらく様々なしがらみがあることだとは思います。その中で賞を与えたことは称賛に値します。
この作品にまつわるすべてが報われてくれることを心の底から願っています。
今年もそろそろベスト10が各所で出回る時期になったのですね。
映画を観ているとベスト10も楽しみになって、ベスト10に選ばれる作品をすべて観ていたいがために映画を観るというねじれ現象が発生します。笑
そんなこんなで楽しんで映画を観てくれる方が少し増えれば幸いです。
受賞された皆様おめでとうございます!


今年1番早いベスト10なのではないでしょうか。
こうやって並べて見るだけでも今年の邦画は豊作だったなぁと改めて思わされます。
僕の個人的な感触ですが、他の映画ベスト10などにはおそらく『ディストラクションベイビーズ』は入らない可能性が高いのではないかという印象がある中ヨコハマ映画祭は3位にランクインさせ、演技賞においてはほとんどの部門で受賞させています。
この辺に映画祭としての意義を見出しているように感じました。
特に柳楽優弥さんに主演俳優賞を、撮影賞に佐々木靖之さんを選んでいる点が今後においてとても意味のあることなのではと思いました。
柳楽優弥さんは『誰もしらない』でカンヌ映画祭主演男優賞を最年少で受賞後将来を大いに期待される中伸び悩み、一時期は俳優を辞めたという噂が流れてしまう程に低迷した時期もありました。
しかし『許されざる者』、『ゆるせない、逢いたい』などで見事なカムバックを遂げ、今回満を持しての主演作で素晴らしい演技を見せてくれたので納得の受賞でありました。
僕と同い年の俳優なので個人的にとても応援しています。
佐々木靖之さんは東京藝術大学大学院映像研究科撮影領域の出身で、『不気味なものの肌に触れる』『グッドストライプス』『ディアーディアー』などの撮影監督として知られる若手のホープと言われる方で、今回この賞に選ばれたのも今後への期待値を込めての受賞なのでしょう。
こういった部門賞を設けている点も映画祭としてとても好感が持てます。
そして今回特筆しなければならない点として『この世界の片隅に』を大きく評価している点があります。
ベスト10で1位に選出しているほか作品賞も受賞し、さらに審査員特別大賞をのんさんが受賞しています。
苦境に立たされる中このようにのんさんに賞を与えることはおそらく様々なしがらみがあることだとは思います。その中で賞を与えたことは称賛に値します。
この作品にまつわるすべてが報われてくれることを心の底から願っています。
今年もそろそろベスト10が各所で出回る時期になったのですね。
映画を観ているとベスト10も楽しみになって、ベスト10に選ばれる作品をすべて観ていたいがために映画を観るというねじれ現象が発生します。笑
そんなこんなで楽しんで映画を観てくれる方が少し増えれば幸いです。
受賞された皆様おめでとうございます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク