悲しくてやりきれない『この世界の片隅に』

20161117015630986.jpg
あらすじ
第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが……。
スタッフ
監督
片渕須直
原作
こうの史代
脚本
片渕須直
企画
丸山正雄
プロデューサー
真木太郎
キャスト(声の出演)
のん、細谷佳正、尾身美詞、稲葉菜月、牛山茂
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東京テアトル
上映時間
126分
今回は『この世界の片隅に』をご紹介します。
第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化した作品です。
上映中は泣かなかったのだけどずっと心が泣いていて、今も思い出すたびに泣き止むことはなく、むしろ観たあとの方が胸を締め付ける映画でした。
愛おしさがこんなに詰まっている映画は洋邦、実写、アニメ問わずほかに存在しないと思えるほどに愛おしい作品になりました。
まずなんと言っても、のんこと能年玲奈さんがとても良く、役と完全に同化しているようで実にに素晴らしかったです。
劇中で能年さん演じるすずが失敗をしてしまった時に「あちゃー」というような顔をするのですがそれが本当に可愛くて能年さんが実写でやっているのかと見紛うほどの同化具合でした。
現在の彼女の置かれている状況も含めて近年稀にみるほどピュアな役者さんなのではないかと思います。
不遇に負けずに頑張っていってほしいです。
のんびりとしたテイストの作品でありながら語り口は実に素早く、矢継ぎ早にエピソードが語られていきます。
そのお陰でのんびりしすぎてだれることもなく、激動の時代を描いた映画として、だけどもすずさんたちが過ごしている確かな時間として受けとることができるのです。
コトリンゴさんが歌う「悲しくて悲しくてとてもやりきれない」というフレーズは、すずさんたちの想いを代弁してるようで見終わった後に聞くと本当に悔しい気持ちになる
今年のアニメ映画として『君の名は。』と双璧を成す作品になっていかなければならないと思いますし、そのためには何百億などとは言わないから少しでも多くのお客さんに観に行ってほしい。
そして、消費されるのではなく長く残っていく作品にならなければならないと思うのです。
決して明るい映画ではないですがその世界の中で懸命に生きる、また生きられなかった人々の想いを抱きながら何度でも会いに行きたくなるような素敵な作品ですのでぜひ劇場でご覧ください。
僕ももう1度劇場で観よう。
おすすめ度
☆9.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク