猫を通じて…『世界から猫が消えたなら』

今回は『世界から猫が消えたなら』をご紹介します。
あらすじ
脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿を現わす。悪魔は青年に、大切なものと引き換えに1日の命をくれるという。電話や映画、時計など大切にしてきたものが次々と失われていく中、青年は元恋人と再会を果たし、かつての思いや別れの時を思い出していく。親友や疎遠になった父の思いに触れ、亡き母が残した手紙を手にした青年は、人生最後の日、ある決断を下すスタッフ
監督
永井聡
原作
川村元気
脚本
岡田惠和
製作
市川南
共同製作
岩田天植
キャスト
佐藤健、宮崎あおい、
濱田岳、奥野瑛太、石井杏奈、原田美枝子
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
103分
映画プロデューサー・川村元気氏による同名ベストセラー小説を、佐藤健さん&宮崎あおいさん共演で実写映画化したヒューマンドラマ。
「いま、会いにゆきます」などの岡田惠和が脚本を手がけ、「ジャッジ!」の永井聡監督がメガホンをとった。
人気音楽プロデューサーの小林武史が音楽を担当している。
前作『ジャッジ!』がとても酷い出来で、CM出身監督は吉田大八監督で打ち止めなのか…と無念の想いにさらされずにはいられなかった永井聡監督の最新作とあって劇場で見ることを控えていた今作ですが、DVDが出たのでこの度拝見いたしました。
ごちゃごちゃとただうるさいだけだった『ジャッジ』とは打って変わって冒頭から静かなテイストの作品で、
序盤の佐藤健さんが病名を告げられるシーンから前作とは違いますよー、と自ら打ち出しながら語られていくようでもありました。
原作があるからこういうテイストになっていったのかどうかはわかりませんが滑り出しは上々だったと思います。
しかし宮崎あおいさん演じる彼女との出会い方のリアリティのなさやエピソードの重みのなさに、主人公がそこまで彼女に執着しているようには見えず、うーんと首をかしげながら見ていたり、
(海外に行く展開って必要?画的な広がりのために入れたとしか思えなかったです。)
僕自身映画は好きですが、映画好きが映画を直接語る描写というのはあまり好きではなくて、
なんというか映画が好きなんだということが画からにじみ出てくる映画が好きと言いますか。
なので濱田岳さんが演説チックに映画を語るところはちょっとなー、と思ったり。
でも濱田岳はとても好演していて「映画は無限にある。だからこのやり取りは永遠に続く。」という台詞にはとてもグッと来ました。
まぁなんというか現実的ではない物語の設定であってもリアリティは損なってはいけないんだなぁと思わされたりしました。
この2つのエピソードに関しては断片的で詰め込んだ感が否めず、彼女とツタヤの話がそんなに主人公にとって重大なことのようには感じられなかったです。
それでも最後の猫のエピソードは猫を介して家族の話に展開していくので広がりがあって良いと思うし、なにより猫可愛いし。
レタスっていう名前もとてもキュートだし。(猫の名前)
主題歌を歌うHARUHIさんは本作で音楽を担当している小林武史さんの実の娘さんだそうで、そこでも家族の話として終結するという2段階仕様になっております。
狙ったのかどうかは定かではないですが…。
最後に本作に川村元気氏がプロデューサーとして名を連ねていないのは自作の映画化では客観性が保てないと思ったからなのか?
稀代のヒットメーカー川村元気も人の子か…?と思ったりしたことを付け加えて終わらせようと思います。
結論として思っていたより全然悪くない映画でしたので気になった方はぜひご覧ください!
おすすめ度
☆7.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク