可愛らしさの詰まった『ぼくのおじさん』

今回は山下敦弘監督最新作『ぼくのおじさん』をご紹介します。
じわじわとどうしようもないおじさんを好きになってしまうような作品になっていました。
20161108212650928.jpg
あらすじ
「自分のまわりにいる大人について」というテーマで学校の作文コンクールの宿題を課せられた小学生のぼく=春山雪男は、居候の「おじさん」を題材に作文を書くことにした。おじさんは大学の臨時講師で哲学を教えているせいか、屁理屈をこね、時には雪男をダシに母からお小遣いをもらい、万年床でマンガばかり読んでいる。そんなおじさんに見合いの話が持ち上がる。相手はハワイの日系4世で、絶世の美女・稲葉エリー。見合いに消極的だったおじさんはエリーに一目ぼれ。しかし、祖母が経営するコーヒー農園を継ぐためエリーはハワイへ帰ってしまう。エリーに会いたい一心で、おじさんはハワイへ行く作戦をあれこれと練り出すが……。
スタッフ
監督
山下敦弘
原作
北杜夫
脚本
須藤泰司
企画
須藤泰司
音楽
きだしゅんすけ
キャスト
松田龍平、真木よう子、大西利空、寺島しのぶ、宮藤官九郎
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
110分
北杜夫が自身をモデルに書いたロングセラー小説を山下敦弘監督、松田龍平さん主演により映画化した作品です。
本作のクランクインの際、山下監督は「続編を作るつもりでやります!」宣言したんだそうです。
かと言って力が入りすぎることもなくいつもの山下節を感じさせながら、最後は登場人物の成長を感じさせなおかつ続編を匂わせる終わり方をさせているので、2作目どころではなく寅さんシリーズのように長期的に作り続けられるようなフォーマットのうえに成り立っている作品に仕上がっていてとても面白かったです!
とは言ってもヒットなくして続編なし、なので今後続編が作られるかどうかはわかりませんが…。笑
原稿用紙を利用したタイトルインや前半の雪男が作文を読んでるかのように展開していくナレーションに山下演出の上手さを思わされる反面、
今回はちょっと子役の演出、特に妹役の演出に苦戦していたように映りました。
家庭内のセリフが文語調になっているため演じる比重が高くなってしまっていることが原因だと思われますがちょっと惜しかったです。
ただ冒頭の雪男の友達が言う「おじいちゃん渡瀬恒彦似でかっこいいよね。」というそんなこと子どもが言うかよ!という面白ポイントはとても良かったです。笑
脚本クレジットにとても粋だったり、エンドロールに劇中セリフを織り交ぜるなど様々な工夫が楽しめる映画でもありました。
続編があったとしたらふらっと見に行ってしまいそうな愛され映画になっていくと思います。
ぜひ劇場でご覧いただければと思います!
おすすめ度
☆7/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク