心地よい雨とともに『言の葉の庭』

今回は新海誠監督作『言の葉の庭』をご紹介します。
ひとりで過ごす雨は虚しいけれど誰かと一緒だときっと良い。そんな風に思える珠玉の短編です。
あらすじ
靴職人を目指す高校生タカオは、雨が降ると学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。そんなある日、タカオは謎めいた年上の女性ユキノと出会い、2人は雨の日だけの逢瀬を重ねて心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノのために、タカオはもっと歩きたくなるような靴を作ろうとするが……。
スタッフ
監督·脚本
新海誠
プロデューサー
川口典孝
キャスト(声の出演)
入野自由、花澤香菜、平野文、前田剛
製作年
2013年
製作国
日本
配給
東宝映像事業部
上映時間
46分

雨の東京がこんなにも魅力的に切り取られた映像は他には存在しないと思えるほどで、現実よりも遥かに美しいその景色の中に自分も身を投じてみたいと思わされてしまうほどに綺麗でした。
ピアノの旋律と小気味良いカット割り、『君の名は。』にも通ずる電車演出などが随所に光っています。
親が未熟なため自分がしっかりしなければという思いを抱き生きてきた主人公タカオと、成熟していることを求められながらどこか未熟なままのユキノの物語。
高校生の時にこんな女性と雨の日の度に同じ時間をともにしていたとしたら恋してしまう自信があります。笑
タカオがユキノの足の大きさを測る所作ががフェティッシュでとても良い。
靴や足になぞらえながらふたりが一歩先に踏み出すための成長を描いていてとても前向きな気持ちになれる映画です。
個人的にこの映画を初めて劇場で見たとき秦基博のファンだった僕は最後の歌で秒速の山崎まさよしを越えたように感じられて嬉し涙を流しました。
それだけエモーションの詰まったエンディングになってると思います。
短い時間で味わいの深い、雨の日におすすめの作品です!ぜひ、ご覧ください。
おすすめ度
☆8/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク