神のような語り口『ハドソン川の奇跡』

今回はクリントイーストウッド監督作『ハドソン川の奇跡』をご紹介します。
近年のイーストウッド監督の作品は実話ベースのものが多く、どれも水準の高い作品ばかりなので今回も大いに期待していたのですが、期待を裏切らない大傑作映画でした!
あらすじ
09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。
監督
クリント・イーストウッド
製作
クリント・イーストウッド
フランク・マーシャル
アリン・スチュワート
ティム・ムーア
キャスト
トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、クリス・バウアー、マイク・オマリー
原題
Sully
製作年
2016年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
96分

名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化した本作。
今年日本公開の映画でトムハンクスはスピルバーグ監督の『ブリッジオブスパイ』でも静かなる好演を見せてくれましたが、本作でも静かな葛藤を抱える人物を見事に演じきっていました。
結末の分かっている話をここまでスリリングに見せるイーストウッドの手腕は本当に素晴らしいと思います。
その語り口はもはや神の領域に達していると言っても過言ではないでしょう。
イーストウッドの新作を劇場で観られる喜びを噛みちぎれるぐらいに噛み締めながら毎度劇場に足を運んでいます。
この映画の中で僕が最も印象に残っているシーンはテスト飛行のシーンなのですが、あそこまで単純かつ機械的なシーンでこんなにもドキドキできるものなのかと非常に興奮させられながら見ました。
映っている人々の緊張感がヒシヒシと伝わってくるような名シーンだったと思います。
奇跡が起きた要因として海上救助の方や管制官、乗客の対応などそれぞれの役回りをしっかりと描くことで、主人公サリーの英雄譚になりすぎないようになっていたのもとても良かったです。
イーストウッド作品史上最短の96分という短さの見やすく、なおかつ大事な部分だけを抽出して丁寧にまとめ上げた傑作だと思います。
ぜひ、今のうちに劇場でご覧いただければ幸いです。
おすすめ度
☆9/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク