どんな感情を抱かせるのか映画『怒り』

今回は李相日監督作『怒り』をご紹介します。
近年まれに見るほどに豪華なキャスト陣で話題になっている作品です。
見終わったあとに観客にどんな感情を抱かせるのか、それがこの映画にとっての命題だ思いました。
あらすじ
吉田修一の原作を映画化した「悪人」で国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ミステリードラマ。名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが共演。犯人未逮捕の殺人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所に、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いた。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平と娘の愛子の前に田代という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬は街で直人という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉は、無人島で田中という男と遭遇するが……。
監督
李相日
原作
吉田修一
脚本
李相日
製作
市川南
キャスト
渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、妻夫木聡、宮崎あおい
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
142分
映倫区分
PG12

李相日監督といえば役者への厳しい演出で知られる映画監督で、
そのあまりの厳しさに『悪人』で主演した妻夫木聡さんが「もう向こう10年は出たくない」と口にしたほどの厳しさだと言います。
(今作でも出演されていますので決して仲が悪いわけではないですよ。笑)
その演出のあとは映像に如実に現れていて、あれだけの豪華キャストがそれぞれその人物として確かに実在できているのは凄いことだと思いますし、
中でも宮崎あおいさんのお芝居は真に迫っていて彼女の今後のキャリアにとってとても重要な作品として認知されていくことになるだろうと思います。
3つの土地で3人の人物を中心としてお話が展開していく中で、それぞれの話を同じ熱量で描き切っている点で群像劇としての完成度も非常に高い良作だと思います。
ただ、僕が一点だけどうしても気になってしまった点は犯人役の描き方でした。
描いていることの主張が強いので、それをまとめる着地点としての犯人役の描き方がどうもエンターテイメント側に寄りすぎてしまっていたように感じました。
そのため、それぞれのエピソードの想いが留まることなく分散して終結してしまったように感じて僕の中で感情を抱くことができなかったというのが正直な感想です。
作品タイトルにもあるように、見たあとに喜怒哀楽のなんらかの感情を抱くことができたならとんでもない傑作として心の中に残っていく作品なんだと思います。
興味のある方はぜひ、出来れば劇場でご覧ください!
おすすめ度
☆7/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク