波に揺られるような心地『ほとりの朔子』

今回は前回紹介した淵に立つの深田晃司監督の2013年公開作
『ほとりの朔子』をご紹介します。
あらすじ
大学受験に失敗してフラフラしている朔子は、叔母(鶴田真由)の誘いで旅行でしばらく家を空けるもう1人の叔母の家で過ごすことに。叔母の古い友人である兎吉(古舘寛治)、その娘の辰子(杉野希妃)、甥の孝史(太賀)とも仲良くなり、楽しい時間を過ごすが、後から孝史の同級生の女生徒や叔母を慕う既婚者の西田らが物語に絡んできて複雑な人間関係が展開していく。
監督
深田晃司
プロデューサー
杉野希妃
キャスト
二階堂ふみ、鶴田真由、太賀、古舘寛治、大竹直、杉野希妃
製作年
2013年
製作国
日本・アメリカ合作
配給
和エンタテインメント




作品規模としてはやはり大きくない作品ですが、
主演に二階堂ふみさんを迎えており堂々たる完成度の作品になっています。
撮影当時二階堂さんは3作品掛け持ちの撮影スケジュールで今作品に臨んでいてその中でもこの作品は癒しだったんだそうです。
とても何気ないシーンですが二階堂ふみ演じる朔子が海に遊びに行ったときに言う「海だー!」というセリフのテンションがとても好きです。(絶妙に低くて。笑)
今公開中のSCOOP!でも好演していますし、今度公開の何者にも出演しています。
今後の日本映画界を背負って立つ女優の一人だと思います。
とても楽しみですね。
他にも淵に立つにも出演している太賀さんや古館寛治さん、
いまや監督としても注目の女優、杉野希妃さんも出演しています。
(最新監督作が東京国際映画祭のコンペティション部門にノミーネートされています!)
淵に立つとは一見全然違った内容のように思いますが人間の厭らしさみたいな、
根本的な部分で通ずる部分があるような気がしていますし、
こちらの映画もナント国際映画祭で受賞しており、
海外で評価される下地のようなものが存分に堪能できる作品だと思います。
興味のある方はぜひご覧ください。
おすすめ度
☆8/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク