抗えないことの恐ろしさ映画『淵に立つ』

浅野忠信主演の『淵に立つ』という映画を見てきました!
とてつもなく素晴らしく、見終わって数日経つ今でもこの映画の持つ黒い感情がまとわりついて離れません。
あらすじ
下町でちいさな金属加工工場を営みながら平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、夫の昔の知人である前科者の男が現われる。
奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。
8年後、夫婦は皮肉な巡り合わせから男の消息をつかむ。
しかし、そのことによって夫婦が互いに心の奥底に抱えてきた秘密があぶり出されていく。
監督
深田晃司
脚本
深田晃司
プロデューサー
新村裕
澤田正道
キャスト
浅野忠信、筒井真理子、古舘寛治、太賀、篠川桃音
製作年
2016年
製作国
日本・フランス合作
配給
エレファントハウス
上映時間
119分
受賞歴
第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)




今年公開の邦画は例年に比べて当たりが多く、
特に大作映画が面白いという傾向にあるのですが、
その中で本作は小さい規模の中でもこれだけのことができるんだと、
改めて日本映画の力強さを突き付けてくる大傑作でした。
カンヌ映画祭での受賞も納得の出来だと思います!
登場人物たちの行動や発言に常に説得力があり、
物語が進んでいく沼の中で、
じゃああの時どうすればよかったんだろうと考えさせられるとともに、
いや、でもどうすることもできなかったのでは…
というどうしようもなさに苛まれる嫌な映画です。(いい意味で!)
登場から画面を支配し続ける浅野忠信の存在感はただ事ではありません。
それを見るだけでもこの映画を見る価値は十分あると思いますし、
この作品で深田晃司という才能をぜひ目撃していただければと思います。
おすすめ度
☆ 9/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク