役者が豊かな映画『SCOOP!』


今回は福山雅治主演の『SCOOP!』という映画をご紹介します。

20161018151932103.jpg

あらすじ
カメラマンの都城静は、かつて数々の伝説的スクープをモノにしてきたが、今では芸能スキャンダル専門の中年パパラッチとして、借金や酒にまみれた自堕落な生活を送っていた。そんなある日、ひょんなことから写真週刊誌『SCOOP!』の新人記者・行川野火とコンビを組むことになり、日本中が注目する大事件に巻き込まれていく。
監督
大根仁
脚本
大根仁
原作映画
原田眞人
キャスト
福山雅治、二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキー
製作年
2016年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
120分
映倫区分
PG12

この作品はモテキやバクマン。などの大根仁監督最新作で、
前2作にも負けず劣らずのエンタメ作品に仕上がっているとともに、
現代随一のヒットメーカーとしての力量をいかんなく発揮した渾身の1作だと思いました。
他作品でも注目される大根監督のエンタメ性は今作でも健在で、
終始楽しませてくれる構造になっているのですが、
今作は終盤のとある展開から、
純粋に楽しむだけのエンタメではなく、
より1つ深いところに物語を推し進めることに成功していると僕は思いました。
そのもっとも大きな要因は役者の芝居です。
大根監督のヒットメーカーたる所以は、
役者の芝居を引き出すことにあるのだなぁと深く感心させられました。
具体的に言うと1つは、
最近テレビや映画でとても目にする機会の多い吉田羊と滝藤賢一が、
この作品では全く違う輝きを見せていること。
もう一つはどこか別の次元に到達してしまったようにさえ思えるリリーフランキーです。
吉田羊と滝藤賢一はとてもいい役者には違いないんですが、
個人的には近頃の芝居はどこかテクニックだけでこなしているような気がしていて、
あまり好きではありませんでした。
でもこの映画では人間として確かに存在してようでとても良かったです。
特に福山雅治と吉田羊の2度ある肉体的接触はとても素晴らしかったと思います。
そしてリリーフランキーです。
これまでの大根作品のリリーフランキーは、
プライベートでも仲がいいらしい監督との信頼関係が見てとれる、
どこか微笑ましくなるような役だったのに対し、
今作では完全に化けました!
かねてから唯一無二の存在感を示し続けている役者ではあったものの、
ここまで凄い役者だとは思っていなかったし、
まさかこんな展開になる役だとは微塵も思っていなかっただけに、
とても驚き震えました。
終盤の展開を予告などで示していなかったのもこの映画の勝因だと思います。
出来ればこれ以上の情報は入れずに汚れ役の福山雅治が見られる~♪
くらいの軽い気持ちでぜひ劇場で観てみてください。笑
多分とても驚くと思いますよ!
おすすめ度
☆8.5/10

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク